『スパイダーマン』シリーズ、スピンオフ企画を計画中

ソニー・ピクチャーズが『スパイダーマン』シリーズのスピンオフ企画を計画中だ。ソニー上層部は今回、2012年からマーク・ウェブ監督、アンドリュー・ガーフィールド主演で…

最新ニュース ゴシップ
アンドリュー・ガーフィールド
  • アンドリュー・ガーフィールド
  • 『アメイジング・スパイダーマン』アンドリュー・ガーフィールド-(C) Getty Images
  • アンドリュー・ガーフィールド
ソニー・ピクチャーズが『スパイダーマン』シリーズのスピンオフ企画を計画中だ。ソニー上層部は今回、2012年からマーク・ウェブ監督、アンドリュー・ガーフィールド主演で早くもリブート化されている『スパイダーマン』シリーズに登場する主要登場人物やヴィランなど各キャラクターに焦点を絞ったスピンオフ映画を複数製作することで、同シリーズの「世界をさらに拡大する」ビジョンを明らかにしている。

ソニー・ピクチャーズ・エンターテインメントのマイケル・リントンCEOは今回開かれたアナリスト向けのQ&Aセッションで、「我々はスパイダーマンの世界をさらに拡大するという野心を強く抱いています。現在すでに複数の脚本開発が進行中です」と語った上で、ソニーはそのビジョンを実現するために「マーベルやディズニーとも緊密に提携している」と明かした。

ただ、それがただちにスパイダーマンがマーベル最新作『The Avengers: Age of Ultron』(原題)に登場するということを意味するわけではないものの、2009年にマーベルを買収したディズニーが『スパイダーマン』シリーズに登場する全キャラクターの権利を保持していることから、商品化権で問題が生じるのではないかと「Deadline」が報じている。さらに「The Rap」の報道では、ソニーのエイミー・パスカル共同会長は、マーベル・コミックがコントロール下に置いている資産を今後ソニーが有効活用すると投資家に説明したという。パスカル会長は「我々はマーベルが保持するスパイダーマンの全キャラクター世界にアクセスするつもりです。それによって、新しいヒーローやヴィランを登場させる展望です」と語ったそうだ。

そんな新たな進展も期待される『スパイダーマン』シリーズだが、来年4月公開予定のシリーズ最新作『アメイジング・スパイダーマン2』では、ポール・ジアマッティ演じるライノ、ジェイミー・フォックス扮するエレクトロ、クリス・クーパー演じるグリーンゴブリンなど原作コミックでお馴染みの有名ヴィランが数多く登場する予定だ。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top