神木隆之介、気合いの人生初“ブリーチ”『るろうに剣心』瀬田宗次郎ビジュアル解禁!

佐藤健が頬の大きな十字傷を負った伝説の“人斬り”緋村剣心を演じ、興行収入30,1億円の大ヒットを記録した映画『るろうに剣心』。その続編となる『京都大火編』、『伝説の最期編』を来夏、2部作連続公開される。

最新ニュース
神木隆之介(瀬田宗次郎)/『るろうに剣心 京都大火編』-(C) 和月伸宏/集英社 (C) 2014「るろうに剣心 京都大火/伝説の最期」製作委員会
  • 神木隆之介(瀬田宗次郎)/『るろうに剣心 京都大火編』-(C) 和月伸宏/集英社 (C) 2014「るろうに剣心 京都大火/伝説の最期」製作委員会
  • 上段左:伊勢谷友介、上段右:四乃森蒼紫、下段左:神木隆之介、下段右:瀬田宗次郎/『るろうに剣心 京都大火編』&『るろうに剣心 伝説の最期編』-(C) 和月伸宏/集英社
  • 神木隆之介(瀬田宗次郎)/『るろうに剣心 京都大火編』-(C) 和月伸宏/集英社
  • 上段左:佐藤健、上段右:緋村剣心、下段左:藤原竜也、下段右:志々雄真実/『るろうに剣心 京都大火編』&『るろうに剣心 伝説の最期編』-(C) 和月伸宏/集英社
  • 『るろうに剣心』 -(C)和月伸宏/集英社
  • 『るろうに剣心』新キャスト解禁! -(C) 和月伸宏/集英社 -(C) 秋倉康介
佐藤健が頬の大きな十字傷を負った伝説の“人斬り”緋村剣心を演じ、興行収入30,1億円の大ヒットを記録した映画『るろうに剣心』。その続編となる『京都大火編』、『伝説の最期編』を来夏、2部作連続公開される。

本作への期待が高まる中、続編の新キャラクター解禁第1弾として神木隆之介演じる、剣心の宿敵・志々雄(藤原竜也)の部下にして剣心にも匹敵する天賦の剣才・瀬田宗次郎(せた そうじろう)のビジュアルが初公開された。

本作は、原作中のクライマックスにあたる「京都編」を2部作で描き、撮影期間は6か月、エキストラの起用は延べ4,000人、さらに茨城・山形・熊本・滋賀・兵庫・京都・長野・栃木・千葉・神奈川など全国を縦断する大規模なロケが敢行された。

先日寄せられたコメントでは、「憧れていた役なので気合いが入っています。原作ファンの期待を裏切ること無く、かつオリジナリティのある瀬田をお見せしたい。アクションは精一杯、練習しております」と語っていた神木さん。

本作の公開決定発表後からWEB上では「瀬田宗次郎は神木隆之介しかいない」という声が上がっていたほどのハマリ役。そんな中、今回お披露目された神木さん扮する宗次郎のビジュアル。

前作『るろうに剣心』公開時の続編が決まっていない段階から宗次郎に憧れ、本作のために人生で初めて髪を染めて撮影に挑んだほど。撮影のたびに時間をかけてブリーチをかけ、髪を紺色に染める気合いの入れようで、ビジュアル面での役作りは完璧。

さらに、憂いを帯びた表情で何かを狙う瞳はまさに宗次郎そのもの。感情の欠落を笑顔で隠す“ほっとけない男子”として、原作ファンの女性たちに特に人気の高いキャラクターだが、スクリーンでの心の揺れをどんな表情で演じているのかも本作の見どころの一つとなりそうだ。

さらに、佐藤さん演じる剣心をも凌駕する“縮地(距離を縮めることで長距離を瞬時に移動する術)”の使い手でもあるが、剣心との壮絶なアクションシーンにも期待が高まる。

『るろうに剣心 京都大火編』、『るろうに剣心 伝説の最期編』は2014年夏、全国にて2部作連続公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top