2014年は子ども好きの長身“イクメン”男子にギャップ萌え?…『メイジーの瞳』

『キッズ・オールライト』の製作スタッフが再び集結し、現代を生きる家族の新しい愛の形を描いた『メイジーの瞳』。離婚した両親に振り回される6歳のメイジーの目線から見た…

最新ニュース
アレキサンダー・スカルスガルド/『メイジーの瞳』-(C) 2013 MAISIE KNEW, LLC. ALL Rights Reserved.
  • アレキサンダー・スカルスガルド/『メイジーの瞳』-(C) 2013 MAISIE KNEW, LLC. ALL Rights Reserved.
  • アレキサンダー・スカルスガルド/『メイジーの瞳』-(C) 2013 MAISIE KNEW, LLC. ALL Rights Reserved.
  • アレキサンダー・スカルスガルド/『メイジーの瞳』-(C) 2013 MAISIE KNEW, LLC. ALL Rights Reserved.
  • アレキサンダー・スカルスガルド/『メイジーの瞳』-(C) 2013 MAISIE KNEW, LLC. ALL Rights Reserved.
  • アレキサンダー・スカルスガルド/『メイジーの瞳』-(C) 2013 MAISIE KNEW, LLC. ALL Rights Reserved.
  • アレキサンダー・スカルスガルド/『メイジーの瞳』-(C) 2013 MAISIE KNEW, LLC. ALL Rights Reserved.
  • 『メイジーの瞳』-(C) 2013 MAISIE KNEW, LLC. ALL Rights Reserved.
  • 『メイジーの瞳』-(C) 2013 MAISIE KNEW, LLC. ALL Rights Reserved.
『キッズ・オールライト』の製作スタッフが再び集結し、現代を生きる家族の新しい愛の形を描いた『メイジーの瞳』

離婚した両親に振り回される6歳のメイジーの目線から見た、不器用にしか生きられない大人たちが登場する本作は、メイジーを演じたオナタ・アプリールの可愛らしさや、ロック歌手兼ママを演じたジュリアン・ムーアのカッコよさもさることながら、今年狙い目の男性像ともいえる“子ども好き男子”にも要注目。

いち早く本作を鑑賞した各界のママ芸能人たちからも絶賛の声が相次ぐ中、実は意外にも「色気にやられた」(女優・広田レオナさん)という声が続出しているのが、ジュリアン扮するロックなママの若き再婚相手にして、メイジーの良き遊び相手となる青年・リンカーンなのだ。

自分の事に忙しく、身勝手な両親に振り回されてきたメイジーの前に現れたリンカーンは、イケメンで長身、笑顔がとってもキュートな“子ども好き”男子。メイジーとお絵描きをしたり、お散歩したりして一緒に遊ぶ姿は、自分自身も心底楽しんでいるような、やんちゃで優しい笑顔を振りまいており、その姿には大人女子の視線が釘付けになること必至。

「優しい大男が、彼を敬愛する小さな女の子とスクリーンに登場するというアイデアが非常に気に入った」と監督も語っているとおり、長身のリンカーンが小さなメイジーと過ごすシーンは観ていてとても微笑ましく、そのビジュアル面でのギャップは、萌え要素を倍増させている。

この2014年狙い目の“子ども好き男子”リンカーンを見事に演じ、女性たちを虜にするのは、スウェーデン出身の俳優アレキサンダー・スカルスガルドだ。

『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズにも出演する名優ステラン・スカルスガルドの息子として、8歳で俳優のキャリアをスタートさせた彼は、母国スウェーデンの映画やTVに出演し国民的スターに。2001年には『ズーランダー』でハリウッドに進出し、大ヒットTVシリーズ「トゥルーブラッド」(’08~13)のエリック・ノースマン役に抜擢され、大ブレイクを果たした。今年はその人気が日本にも上陸すること間違いなしの、いま大注目のイケメン俳優。

アレキサンダーはリンカーンの役を通して、「ただ何となく生きていた男が、小さな子どもを愛し始め、人生で初めて誰かの面倒を見ることを学ぶ、とても美しいストーリーだ」と、本作に太鼓判を押す。

小さなメイジーと大きなリンカーンがニューヨークの街で過ごす楽しい休日は、劇中でも要チェック。子どもにとっては何よりも一緒にいてくれる時間が大切であり、血のつながりだけが家族の絆ではないということを改めて考えさせてもくれる、幸せに満ちたシーンに仕上がっている。

『メイジーの瞳』は1月31日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ、シネマライズほか全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top