水川あさみ、主演映画『バイロケーション』舞台挨拶を体調不良で欠席!

最新ニュース

滝藤賢一&酒井若菜&安里麻里(監督)/『バイロケーション』初日舞台挨拶
  • 滝藤賢一&酒井若菜&安里麻里(監督)/『バイロケーション』初日舞台挨拶
  • 滝藤賢一/『バイロケーション』初日舞台挨拶
  • 『バイロケーション』 - (C) 2014「バイロケーション」製作委員会
  • 浅利陽介&豊原功輔/『バイロケーション』初日舞台挨拶
  • 滝藤賢一&酒井若菜&安里麻里(監督)/『バイロケーション』初日舞台挨拶
  • 豊原功輔/『バイロケーション』初日舞台挨拶
  • 浅利陽介/『バイロケーション』初日舞台挨拶
映画『バイロケーション』が1月18日(土)に公開を迎え、都内劇場で舞台挨拶が行われたが、主演の水川あさみは体調不良のため急遽、欠席となった。

“バイロケーション”と呼ばれる、自分と同じ容姿でありながら全く別の人格を持つもう一人の自分の存在に悩まされる主人公たちの戦いを描いた本作。この日、公開された「表」ver.に加え、エンディングを変更した“裏”バージョンも公開を予定されている。

舞台挨拶には千賀健永(Kis-My-Ft2)、高田翔(ジャニーズJr.)、滝藤賢一、酒井若菜、浅利陽介、豊原功輔、安里麻里監督が登壇。水川さんからは手紙でコメントが寄せられ、観客と共演陣に欠席を詫びると共に、一人二役を演じた本作への特別な思いが綴られ、裏バージョン公開時に改めて舞台挨拶に出席することを約束した。

千賀さんは、本作でスクリーンデビューを飾ったが「プレッシャーと緊張があった」と明かしつつも、「後輩(高田さん)が出ているので、そういうところを見せちゃいけないと思い堂々と演じた」とふり返る。

バイロケーションとの戦いのシーンでは自分で自分を殴る姿が映し出されるが、「普段、自分自身にイライラすることがあるので、見ててスカッとした」とニッコリ。高いところから落ちるアクションについては「高いところは苦手でホントにビビってました」と明かす。すると監督が「ずっと『ちょい、ちょい、ちょい、ちょい!!』って言ってましたね(笑)」と千賀さんのビビリっぷりを暴露し会場は笑いに包まれた。

豊原さんは、千賀さんが以前の舞台挨拶で自分のことを「怖かった」と言っていたことを聞きつけ、「風評被害は止めてほしい」とご立腹の様子? 千賀さんは「怖いと思ってたけどお会いしたら優しかったです」とフォローするも、豊原さんと付き合いの長い滝藤さんが「いまの豊原さんはホントに丸くなったけど、僕が24から25歳の頃に会ったときは怖かった!」と混ぜ返し、豊原さんを苦笑させていた。

その滝藤さんは、最初の自己紹介で「去年のブレイク俳優8位の滝藤です。消えないように頑張ります」と挨拶し喝采を浴びる。売れっ子になって忙しいようで、現在も役作りのために減量中だそうで「腹減って、立ってるだけでフラフラする」と語り、「もしも実際にバイロケーションが現れたら?」というキャスト陣への質問でも「どっちでもいい!」と投げやりに回答。豊原さんから「帰ってくれ(笑)!!」とツッコまれ、会場は再び笑いに包まれた。

『バイロケーション』「表」ver.は公開中、「裏」ver.は2月1日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top