ジョナ・ヒル、同性愛に対する中傷発言を謝罪

最新ニュース

ジョナ・ヒル-(C) Getty Images
  • ジョナ・ヒル-(C) Getty Images
  • ジョナ・ヒル-(C) Getty Images
  • ジョナ・ヒル
ジョナ・ヒルが同性愛者を中傷する発言したことが「最悪な行為」だったと認めた。ジョナは先週末、カメラマンに対して暴言を吐いているところを映像に捕らえられていたが、今回その件に対して謝罪した。

「TMZ」が3日(現地時間)に公開したその映像には、ジョナがロサンゼルスを歩いている際、カメラマン達から「そのショーツ素敵だね、兄弟。とってもセクシーだよ」と言われても最初は無視していたものの、その直後には「くそったれ、ホモやろう」と発言した姿が写っているという。

ジョナはその映像が公開された後、すぐにハワード・スターンがパーソナリティーを務めるラジオ番組にその言動を説明するために出演した。「俺にとって胸が張り裂けるような状況だよ…落ち込んでる…俺は生まれたときから、公にも、ずっとゲイの権利向上活動家なんだ…この人物は一日中俺をつけまわしていて、傷つくようなことをいっていたんだ。俺は彼が望んでいた通りの反応をしてしまったってわけで、最悪な言葉を言ってしまったよ…最低だし、そんな発言するべきじゃなかった。この汚い言葉を使ったことに対しての非難は受けるつもりだよ」。

さらに、ジョナはこの発言のせいで自身が同性愛を拒絶していると見られないことを望んでいると強調した。「俺が誰に対しても思って欲しくないことは、俺がその人の性的指向によって拒否するなんてことだよ。特に自分がしてきた全てのことや愛している人たちのことを思うと心が痛むよ」。

(C) BANG Media International
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top