【特別映像】クロエ・G・モレッツ、チェロ演奏に挑戦! 音楽が彩る『イフ・アイ・ステイ』

クロエ・グレース・モレッツ主演で贈る、この秋の“感涙”ドラマ『イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所』。このほど、チェリストを目指していたヒロインを演じたクロエが、自らチェロを演奏す

映画
チェロを奏でるクロエ・グレース・モレッツ/『イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所』-(C)  2014 Warner Bros. Ent. and Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All rights Reserved.
  • チェロを奏でるクロエ・グレース・モレッツ/『イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所』-(C)  2014 Warner Bros. Ent. and Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All rights Reserved.
  • ジェイミー・ブラックリー/『イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所』 (c)2014 Warner Bros. Ent. and Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. Allrights Reserved.
  • クロエ・グレース・モレッツ主演『イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所』-(C)  2014 Warner Bros. Ent. and Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All rights Reserved.
  • クロエ・グレース・モレッツ主演『イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所』 (c)2014 Warner Bros. Ent. and Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. Allrights Reserved.
  • クロエ・グレース・モレッツ主演『イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所』 (c)2014 Warner Bros. Ent. and Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. Allrights Reserved.
  • クロエ・グレース・モレッツ主演『イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所』 (c)2014 Warner Bros. Ent. and Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. Allrights Reserved.
  • クロエ・グレース・モレッツ主演『イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所』 (c)2014 Warner Bros. Ent. and Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. Allrights Reserved.
  • クロエ・グレース・モレッツ主演『イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所』ポスタービジュアル (c)2014 Warner Bros. Ent. and Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. Allrights Reserved.
クロエ・グレース・モレッツ主演で贈る、この秋の“感涙”ドラマ『イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所』。このほど、チェリストを目指していたヒロインを演じたクロエが、自らチェロを演奏するシーンを始め、本作を彩る珠玉の音楽にフォーカスした特別映像が到着した。

ミア(クロエ・グレース・モレッツ)の将来の夢はチェロ奏者。目下、ジュリアード音楽院への入学をめざして猛練習中だ。そして、つき合い始めて1年になるロックミュージシャンのアダム(ジェイミー・ブラックリー)とは幸せな日々を送っていた。

だが、ある雪の朝、突然の悲劇がミアを襲う。一家が乗った車が事故に遭い、ミアは一瞬にして家族を失い、自分もまた昏睡状態に陥ってしまう。しかし、ミアの目に映ったのは、ベッドに横たわる自分の姿と、幸せだったこれまでの人生、そして彼女を死の淵から呼び戻そうとする人々の姿だった…。

本作はベートーベンの「チェロソナタ」で幕を開け、コダーイ・ゾルターン、バッハといったクラシックから、パンクロックの「バズコックス」、「ソニック・ユース」、ベック、ブロンディ、「イギー・ポップ」、「ザ・ダンディ・ウォーホルズ」など、さまざまな楽曲に乗せてストーリーが展開。



「音楽は映画のキャストの一人よ」と、主人公のミアを演じたクロエも話すように、本作の音楽は物語をドラマティックに彩る重要なファクターだ。「R・J・カトラー監督は、劇中のサウンドデザインや曲の編成が本当に上手」とクロエは言う。実はカトラー監督は、メイン・キャスト一人ひとりに、それぞれの役柄が聴いているであろう楽曲が入ったMP3プレイヤーを渡していたそうだ。

「好きな音楽がキャラクターの個性を決めるからね」とカトラー監督。クロエが受け取ったプレイヤーには、クラシックだけでなく、クラシックの楽器を採り入れた「ニルヴァーナ」の「アンプラグド」など、現代のナンバーも入っていたという。

さらに、パンクミュージシャンとその熱狂的ファンという両親の影響も考えて、ミアの耳にも馴染んでいるはずの「クラッシュ」、「イギー・ポップ」、デヴィッド・ボウイ、エルビス・コステロ、「スマッシング・パンプキンズ」、「パール・ジャム」の楽曲や、ミアの地元で流れていると思われる太平洋岸北西部発祥の音楽も収録されていた。

また、“チェロとアダムしか頭になかった”というほど、クロエ演じるミアと熱烈な恋に落ちるロック・ミュージシャン、アダムを演じたのは、英国俳優のジェイミー・ブラックリー。2人の出会いは、ある日の放課後、ミアが奏でるチェロの音色を耳にしたことから。学校のイケてるグループに属していたアダムが、内気なミアにすっかり魅入られてしまうという、“ひと目”惚れならぬ“ひと耳”惚れ。音楽のジャンルは違えど、アダムはチェロを弾くミアに強く惹かれていくのだ。

そんなジェイミーは、ミアの家でパーティーが開かれる重要なシーンで、カメラの前で歌と演奏を初めて披露した。ミアはその日を“人生最高の日”として昏睡状態の中で思い出すのだが、アダムを演じたジェイミー自身もこのシーンを最高のシーンのひとつに数えている。

クロエもまた「すごく象徴的な場面なの。ふたりの人生の糸がより合わされていくみたい」とふり返り、「歌もギターも演技も、全部上手な人はそういないわ」と、役柄同様にジェイミーの才能にはベタぼれといった様子だ。

全世界34言語に翻訳されている原作を執筆したゲイル・フォアマンは、「ミアがチェロを弾き、アダムとミアが一緒に演奏する姿を目で、耳で味わうことができました。それは小説や頭の中で描いたものよりも百万倍も感動的だった。この映画の音楽は、きっと観客の心にも響くはず」と語り、音楽を通してカトラーが表現した情感に胸を打たれたという。

クロエは、自身でもチェロを相当練習したらしく、カトラー監督から「あんなに努力する役者は初めてだよ」と太鼓判を押されている。そんなクロエが演じたミアにとって、生と死のはざまで過去の出来事を振り返るときも、アダムとの紆余曲折に思いをはせるときも、その時々の音楽が思い出の道しるべとなっている。

まずはこちらの映像から、感涙必至の本作を彩る音楽に触れてみて。

『イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所』は10月11日(土)より新宿バルト9、梅田ブルク7ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top