役所広司と原田美枝子が映画界への功績で“手形”を作成! 岡田准一「いつかは僕らも」

映画『蜩ノ記』に出演する役所広司と原田美枝子が、長年の映画界への貢献を称えられ、東京・日比谷の「合歓(ねむ)の広場」にその手形が飾られることになり、10月4日(土)、共演の岡田准一、堀北真希らに…

最新ニュース レポート
“手形”をとる、役所広司&原田美枝子/『蜩ノ記』初日舞台挨拶
  • “手形”をとる、役所広司&原田美枝子/『蜩ノ記』初日舞台挨拶
  • 堀北真希/『蜩ノ記』初日舞台挨拶
  • “手形”をとる、役所広司&原田美枝子/『蜩ノ記』初日舞台挨拶
  • 堀北真希/『蜩ノ記』初日舞台挨拶
  • 役所広司/『蜩ノ記』初日舞台挨拶
  • 田美枝子/『蜩ノ記』初日舞台挨拶
  • 堀北真希/『蜩ノ記』初日舞台挨拶
映画『蜩ノ記』に出演する役所広司と原田美枝子が、長年の映画界への貢献を称えられ、東京・日比谷の「合歓(ねむ)の広場」にその手形が飾られることになり、10月4日(土)、共演の岡田准一、堀北真希らに見守られながら舞台挨拶の場で手形作りを行なった。

「合歓の広場」は東京・日比谷シャンテ内のある広場で、同館がオープンした1987年以来、映画界に名を残したスターの手形が飾られてきたほか、ゴジラのミニチュア像も設置されている。

これまで73名がここに手形を残しており、役所さんにとって師匠にあたる仲代達矢の手形もあるが、日本人俳優として、同所に手形が飾られるのは、1992年6月の緒形拳以来、22年ぶり。また、同一作品出演の2名の俳優が同時に手形をとるのは、今回が初めてのこととなる。

壇上で、観客が見守る中での手形作りに原田さんは「照れくさいですね」と語り、役所さんは「光栄です」と喜びを口にする。岡田さんは、本作の撮影、そして劇中の役柄を通じて“師”と仰ぎ、その背中を見つめてきた役所さんが日本映画界の殿堂とも言える合歓の広場にその名と手形を残すことに「僕も嬉しいです」と満面の笑み。堀北さんは劇中の“両親”を前に「歴史的瞬間に立ち会えて嬉しいです」と語る。

岡田さんは「僕たちもいつか…」と改めて思いを口にするが、役所さんも「いつか(本作の)家族で並ぶ日が来ると良いですね」と語り、会場は期待を込めた温かい拍手に包まれた。

手形を取り終えた役所さんは「横綱になったような気持ちです(笑)」と感想を口にし、原田さんと共に作ったばかりの手形を掲げて写真撮影に臨んだ。なお、こちらの完成した手形は今年11月に合歓の広場に飾られる予定だという。

『蜩ノ記』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top