ハリウッド“最強の男”ドウェイン・ジョンソン、12年ぶりに来日決定『ヘラクレス』

映画

およそ12年ぶりに来日するドウェイン・ジョンソン&ブレット・ラトナー監督/『ヘラクレス』 (C)2014 Paramount Pictures. All Rights Reserved.
  • およそ12年ぶりに来日するドウェイン・ジョンソン&ブレット・ラトナー監督/『ヘラクレス』 (C)2014 Paramount Pictures. All Rights Reserved.
  • 『ヘラクレス』 (C)2014 Paramount Pictures. All Rights Reserved.
  • 『ヘラクレス』 (C)2014 Paramount Pictures. All Rights Reserved.
  • 『ヘラクレス』ポスター (C)2014 Paramount Pictures. All Rights Reserved.
世界で最も有名なギリシャ神話の英雄伝説を描く“肉食系”アクション大作『ヘラクレス』が、10月24日(金)より劇場公開されることに先駆け、主演を務めたハリウッド最高のアクションスター、“ザ・ロック”ことドウェイン・ジョンソンが、実に12年ぶりに来日を果たすことが分かった。

全能の神ゼウスと人間との間に生まれた“半神”であるヘラクレス(ドウェイン・ジョンソン)。超人的な怪力と人間の心を合わせ持つ、ギリシャ神話最強の英雄にして、地上最強の男は、我が子を殺してしまった罪にさいなまれ、その救いを求めて“12の試練”に挑戦する…。

恐ろしい魔物たちとの壮絶な戦いの末、神話に名高い“12の難業”を成し遂げたヘラクレスの英雄伝説を、ドウェイン・ジョンソンを主演に迎えて、まったく新しい“肉食系”アクションへと昇華させた本作。

世界最高峰のプロレス団体「WWE」で8度の王者に輝く元・人気プロレスラー“ザ・ロック”として知られたドウェインは、俳優に転身後、『ワイルド・スピード』シリーズを始めとする数々のアクション映画をメガヒットに導き、世界にその名を轟かせた。

そして、アメリカの経済誌「フォーブス」が発表した「2013年世界興行収入が高かった俳優」ランキングでは、なんと並み居るスターたちを抑えて堂々の第1位を獲得。いまや、名実共に“ハリウッド最強の男”No.1に君臨している。

ドウェインの来日は、『スコーピオン・キング』(’02)のPRで来日して以来、実に12年5か月ぶりの3度目。ドウェイン自身が「この役を演じるために生まれてきた」と豪語し、8か月におよぶトレーニングで、“さらなる”肉体改造を成し遂げたというだけに、気合いも十分だ。

また、本作の監督を務めたブレット・ラトナーは、ジャッキー・チェン&クリス・タッカーの『ラッシュアワー』シリーズや、『X-MEN:ファイナル・ディシジョン』で知られるヒットメーカー。ラトナー監督も『レッド・ドラゴン』のPR以来、11年9か月ぶりの来日となる。

初タッグとなったドウェインについて、監督は「これまで僕の最愛の俳優はジャッキー・チェンだと思っていたが、今回新しい最愛のキャストに出会った。ドウェインだ。あれほど自分に厳しくトレーニングする人間は知らない。彼のプロ根性はすごいよ」と絶賛。

2人は、ドウェイン史上最高の当たり役となる本作をひっさげて、10月19日(日)、20日(月)に来日し、プロモーションにあたるという。

『ヘラクレス』は10月24日(金)よりTOHOシネマズ日劇ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top