高良健吾、行定勲から「面倒くさいやつ」と言われ喜ぶ 地元・熊本で舞台挨拶

10月11日(土)~12日(日)に、熊本県菊池市にて「第10回 菊池国際交流映画祭」が開催された。この菊池映画祭は2004年に市民有志で始まり、記念すべき10回目を迎える今年は、熊本県出身の行定勲監督をスーパーアドバイザーとして迎え…

最新ニュース
高良健吾&行定勲(監督) in 第10回 菊池国際交流映画祭
  • 高良健吾&行定勲(監督) in 第10回 菊池国際交流映画祭
  • 高良健吾&行定勲(監督)&くまモン in 第10回 菊池国際交流映画祭
  • 高良健吾&行定勲(監督)&くまモン in 第10回 菊池国際交流映画祭
10月11日(土)~12日(日)に、熊本県菊池市にて「第10回 菊池国際交流映画祭」が開催された。この菊池映画祭は2004年に市民有志で始まり、記念すべき10回目を迎える今年は、熊本県出身の行定勲監督をスーパーアドバイザーとして迎え、さらに特別ゲストとして同じく熊本県出身の俳優・高良健吾が参加。

日本映画界の第一線で活躍する高良さんの数ある代表作のなかから、今回は『おにいちゃんのハナビ』『横道世之介』『軽蔑』の3本が上映されたほか、高良さん×行定監督でタッグを組んだ最新作、11月からWOWOWにて放送される新ドラマ「平成猿蟹合戦図」の第1話のプレミア上映も行われた。

「平成猿蟹合戦図」の原作は、『悪人』『横道世之介』などで知られる作家・吉田修一の長編小説。どこか抜けていて憎めない歌舞伎町のバーテンダーの浜本純平(高良健吾)が、世界的チェロ奏者がおこしたひき逃げ事件を目撃したことをきっかけに彼の敏腕マネージャーの園夕子(鈴木京香)と知り合ったことから、国政選挙に挑んでいくという物語が描かれる。

第1話のプレミア上映後には、会場となった菊池市文化会館に行定監督と高良さんが登壇。常に“映画のよう”と評されてきたWOWOWドラマだが、行定監督もそれを実感したようで「最近は映画監督が新天地としてWOWOWのドラマをたくさん撮っています。連続ドラマではありますが、合計305分(全6話)の映画を作ったようでもあって、そういう自由を与えてくれたチャレンジングな作品でした」とふり返る。

なかでも行定監督が「この作品のすべてを込めた」という第6話の選挙の演説シーンは、原作者からも「自分の作品でこんなに泣かされたことはない」という絶賛のコメントが届いたそうだ。

一方の主演の高良さんは、政治家役は今回が初挑戦だったそうだが、「やってみたかった役を演じることができて、このドラマで夢がひとつ叶いました」と喜びの胸中を語る。また、行定監督とはドラマ「女たちは二度遊ぶ」以来の再タッグとなったが、「行定監督は厳しいし、試されている気がするし、緊張もするけれど、こちらがぶつけたものをすべて受け止めてくれる。行定組でしか味わえないもの、瞬間があるんです。クランクアップの日に、監督から『お前、面倒くさいやつだよな』って言われたのがすごく嬉しかったです(笑)」と、嬉しそうに撮影当時をふり返っていた。

連続ドラマW「平成猿蟹合戦図」はWOWOWにて11月15日(土)より放送開始。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top