高橋真麻「ぬ~べ~」で“トイレの花子さん”役で女優デビュー!父・高橋英樹も期待

最新ニュース

女優デビューを果たす、高橋真麻(トイレの花子さん役)/ドラマ「地獄先生ぬ~べ~」
  • 女優デビューを果たす、高橋真麻(トイレの花子さん役)/ドラマ「地獄先生ぬ~べ~」
  • トイレの花子さん役の高橋真麻(+ゾンビメイク版)/ドラマ「地獄先生ぬ~べ~」
  • 女優デビューを果たす、高橋真麻(トイレの花子さん役)/ドラマ「地獄先生ぬ~べ~」
  • 女優デビューを果たす、高橋真麻(トイレの花子さん役)/ドラマ「地獄先生ぬ~べ~」
  • 女優デビューを果たす、高橋真麻(トイレの花子さん役)/ドラマ「地獄先生ぬ~べ~」
  • 女優デビューを果たす、高橋真麻(トイレの花子さん役)/ドラマ「地獄先生ぬ~べ~」
  • 女優デビューを果たす、高橋真麻(トイレの花子さん役)/ドラマ「地獄先生ぬ~べ~」
  • トイレの花子さん役の高橋真麻(+ゾンビメイク版)/ドラマ「地獄先生ぬ~べ~」
フリーアナウンサーの高橋真麻が、日本テレビで放送中のドラマ「地獄先生ぬ~べ~」で女優デビューすることが決定した。第3話・4話に登場する“トイレの花子さん”を演じている。本作には父である高橋英樹も出演しており、一緒の出演シーンはないものの、親子共演が実現した。

90年代に「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)に連載された人気漫画の実写化で、鬼の手を持つ教師、“ぬ~べ~”こと鵺野鳴介(ぬえのめいすけ/丸山隆平)が悪霊や妖怪から教え子たちを守るために戦う姿を描いた学園ドラマ。

高橋さんが演じるのは学校のトイレに住み着いていると言われ、日本人の多くが知っているメジャーな妖怪であるトイレの花子さん。同番組の戸田プロデューサーは高橋さんの起用について「“日本で一番有名で、親しみのある妖怪”と言っても過言ではない『トイレの花子さん』のキャスティングにあたり、普段、誰からも愛されていて憎めないチャーミングな女性の、怖い顔とのギャップが見たいと思いました」とコメントしている。

高橋さんの衣裳は白いブラウスに赤いスカート、白ソックスに学校用の上履きという“定番”! さらに顔をおしろいで塗り、目にはくまを施したゾンビメイクも加わり、大迫力の花子さんとなっている。

父親の高橋英樹さんは、TVで人気の有名霊能力者で、ぬ~べ~とはある因縁もある無限界時空を演じている。娘の女優デビューについて高橋さんは「娘はちょっとキャラクター的に面白い所があるじゃないですか? そういうところが上手く出る役だったらOKすればと言いました」とコメントを寄せたが、演技そのものに関しては一切、アドバイスなどはしなかったという。「放送が楽しみですね~。これ楽しみですよ。私もちゃんとテレビの前で見ますよ。自分の芝居はあまり見たことがないんだけど、まあ娘の芝居はね」と娘の活躍が気になるようだ。

原作の漫画でも花子さんはかなりインパクトのある姿で描かれており、ファンの間でもかなり印象に残るエピソードとして記憶されている。どんな恐ろしい姿を見せているのか? 丸山さん演じるぬ~べ~とのシーンも含めて期待が高まる。

「地獄先生ぬ~べ~」は毎週土曜21:00~放送中。高橋さん演じるトイレの花子さんが登場するのは10月25日(土)放送の第3話と、11月1日(土)放送の第4話。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top