ざわちん、“向井理”に変身!ものまねメイクのポイントは「涙ぶくろ」

最新ニュース

向井理メイクを披露した、ざわちん/『小野寺の弟・小野寺の姉』PRイベント
  • 向井理メイクを披露した、ざわちん/『小野寺の弟・小野寺の姉』PRイベント
  • マスクをとった、ざわちん/『小野寺の弟・小野寺の姉』PRイベント
  • 向井理のものまねメイク(左:本人、右:ざわちん)/『小野寺の弟・小野寺の姉』PRイベント
  • ざわちん&ハマカーン(神田伸一郎&浜谷健司)/『小野寺の弟・小野寺の姉』PRイベント
  • 向井理のものまねメイク/『小野寺の弟・小野寺の姉』PRイベント
  • 向井理メイクを披露した、ざわちん/『小野寺の弟・小野寺の姉』PRイベント
  • 向井理メイクを披露した、ざわちん/『小野寺の弟・小野寺の姉』PRイベント
  • ハマカーン(神田伸一郎&浜谷健司)/『小野寺の弟・小野寺の姉』PRイベント
ものまねメイクで脚光を浴びるタレント・ざわちんが10月19日(日)、都内で行われた『小野寺の弟・小野寺の姉』のPRイベントに出席。本作に主演する向井理に変身した写真をお披露目し、「似せるポイントは、ムラのあるまゆ毛。それと涙ぶくろですね」と語っていた。

これまで数々のものまねメイクで世間を驚かせてきたざわちんさん。今回、向井さんメイクのオファーを受けた際も「実は以前、テレビ番組でご一緒したとき、目元を見て『これは真似できるな』と思っていたんです」と余裕の表情。その手順を「涙ぶくろは、アイブロウペンシルで影を書いてから、綿棒でボカすんです」と明かしていた。

本作は親を亡くして以来、不器用ながら2人で支え合う小野寺姉弟が、不慣れな恋愛に心揺らす姿を描いたハートウォーミングコメディ。2013年に上演された同名舞台を、舞台版と同じく向井さん&片桐はいりさん主演で映画化した。

ざわちんさんにも映画同様、弟がいるそうで「お姉さんの気持ち、分かります! どうしても世話を焼きたくなるんですよね。手放したくないほどかわいいし、母が怒ってもダメなのに、私が怒ると言うことを聞く」といまは離れて暮らす弟さんを溺愛している様子だ。

この日のイベントには、お笑いコンビ「ハマカーン」の神田うのを姉にもつ神田伸一郎&浜谷健司も駆けつけ、ざわちんさんと“姉弟”トーク。神田さんは「あの姉をもつと、反抗したくても翼をもがれてしまう。姉ありきで、僕がいるんで」と世間のイメージ通り(?)、うのさんに圧倒されているようだ。

「子どもの頃、僕が泳いでる海で突然“水切り”を始めたんですよ。案の定、石が僕にぶつかって、父が注意したんですけど『あれは隕石』って言い張って(笑)。幼いながらに、一生勝てないと思った」(神田さん)。それでも「本人はさりげないつもりでも、ゴリゴリで世話を焼いてくる。僕自身、どんな女性とお付き合いしても、その子をワガママと思わなくなりましたし」と姉への感謝(!?)を語った。

一方、男兄弟の浜谷さんは「この映画を観て、お姉ちゃんっていいなと思った」。ただ、うのさんには苦言があるようで「僕らのライヴに来てくれるのはありがたいけど、隣にいるのが美川憲一さん(笑)。ステージよりも2人がいる客席の方が派手になってしまう」と苦笑いを見せていた。

『小野寺の弟・小野寺の姉』は10月25日(土)より新宿ピカデリーほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top