自分にしかできない内助の功とは何か?と悩むエリーは…連続テレビ小説『マッサン』

195:主演に亀山政春(マッサン)役の玉山鉄二と、亀山エリー役のシャーロット・ケイト・フォックスを迎え、国産初のウイスキー製造に挑む夫婦の愛と冒険を描いた連続テレビ小説『マッサン』(NHK総合テレビほか)。

最新ニュース
主演に亀山政春(マッサン)役の玉山鉄二と、亀山エリー役のシャーロット・ケイト・フォックスを迎え、国産初のウイスキー製造に挑む夫婦の愛と冒険を描いた連続テレビ小説『マッサン』(NHK総合テレビほか)。

第5週「内助の功」のあらすじは――
何の相談もなく鴨居(堤真一)の誘いを断ったマッサン(玉山鉄二)にご立腹のエリー(シャーロット・ケイト・フォックス)に、嫁として腹を括れと言う鴨居。エリーは自分にしかできない内助の功とは何かに思い悩む。一方、ウイスキー作りの夢をあらためて誓い合ったマッサンと大作(西川きよし)であったが、鴨居が太陽ワインを自社製造するという噂もあり大作の義父・長五郎(中村嘉葎雄)は事業に大反対、株主会議も取りやめると言う。大作は鴨居に太陽ワインを作らせて欲しいと直談判し、生産再開にこじつける。さらに優子(相武紗季)の助けもありようやく会議も開かれることに。ウイスキー事業の説明に手応えを感じるマッサンであったが、ウイスキーのピーキーな味にまさかの不快感を示す株主たち。このピンチに現れたエリーはウイスキーに合う料理を次々に振る舞い株主たちを魅了、会議は大成功に終わる。しかし、株主たちが出した答えはウイスキー事業の否決であった。さらにマッサンに退社を宣告する長五郎。夢破れ落ち込むマッサンにどこまでもついていくと励ますエリー。断腸の思いで大作と別れ、無職となった二人のあてのない生活がはじまるのであった。

“朝ドラ”初の外国人ヒロインが登場する本作。90年以上前、ほとんど例のなかった国際結婚をした夫婦の奮闘記を描いていく。マッサンとエリーに次々と訪れるピンチ、それを乗りこえていく姿は、夫婦の絆、家族の温かい愛、あきらめない日本人の底力をお茶の間に届けてくれることだろう。

■NHK連続テレビ小説『マッサン』
毎週月曜~土曜 8:00~8:15(NHK総合テレビ)

関連リンク
玉山鉄二&シャーロットの前に泉ピン子が立ちはだかる!?連続テレビ小説『マッサン』
玉山鉄二、シャーロットという女優に出会えてよかった!第1週試写会&会見コメント
連続テレビ小説『マッサン』広島・竹原市でのロケスタート
シャーロット・ケイト・フォックス&玉山鉄二『マッサン』、相武紗季が宿敵!?
NHK朝ドラ『マッサン』初の外国人ヒロインはシャーロット・ケイト・フォックス!
NHK朝ドラ「ごちそうさん」「花子とアン」の次は初の外国人ヒロインで送る『マッサン』に決定!
《編集部@テレビドガッチ》

関連ニュース

特集

page top