リピーター続出! 『近キョリ恋愛』週末興行収入ランキング3週連続トップ死守

山下智久演じる史上最強のツンデレ教師と、『渇き。』の小松菜奈演じる超クールな天才女子高生の胸キュンラブストーリーが話題を呼んでいる『近キョリ恋愛』が、週末興行収入ランキングで3週連続第1位を獲得、

映画 邦画ニュース
『近キョリ恋愛』-(C) 「近キョリ恋愛」製作委員会
  • 『近キョリ恋愛』-(C) 「近キョリ恋愛」製作委員会
  • 『近キョリ恋愛』スペシャル二層ステッカー-(C) 「近キョリ恋愛」製作委員会
  • 『近キョリ恋愛』-(C) 「近キョリ恋愛」製作委員会
山下智久演じる史上最強のツンデレ教師と、『渇き。』の小松菜奈演じる超クールな天才女子高生の胸キュンラブストーリーが話題を呼んでいる『近キョリ恋愛』が、週末興行収入ランキングで3週連続第1位を獲得、興行収入も7億円突破したことが明らかとなった。

累計200万部を超える大人気少女コミック「近キョリ恋愛」を原作に、本作が恋愛映画初挑戦となる山下智久を主演に迎え、乙女が一度は憧れる「壁ドン」「お姫様抱っこ」「頭ポンポン」「あすなろ抱き」、さらに実写化不可能と言われた原作の名シーン「教壇の下でのキスシーン」まで見事に実写化し、世の女性たちを虜にしている本作。一度見た観客が違う相手を誘って劇場へ来る姿が見られ、公開からじわじわと観客層が広がり、原作ファンのみならず親子や男性同士のグループで劇場へ足を運ぶ光景も。

洋画大作なども封切られる中、本作は10月27日(月)付け週末興行収入は1億1,154万円、動員9万1,413人を記録し、先週対比90%という高い数字を叩き出した。すでに興行収入7億円、観客動員は56万人を突破し、劇場公開に伴って原作コミックの部数も伸びるなど、まさに映画・コミックともに『近キョリ恋愛』ブームが巻き起こっている。

また大ヒット御礼として、11月1日(土)からは劇場にて『近キョリ恋愛』スペシャル二層ステッカーが先着・数量限定で配布されることが決定。原作画のハルカ先生とゆにちゃんの胸キュンステッカーをめくると、山下さんと小松さんのオリジナルステッカーが出てくるファン垂涎のレアグッズとなっている。

人恋しくなるこの季節、観ればきっと“恋したくなる”映画『近キョリ恋愛』の勢いはまだまだ止まりそうにない。

『近キョリ恋愛』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top