オーウェン・ウィルソンが初来日! 名匠ボグダノビッチ作品への出演は「誇り」

日本でも高い人気を誇るオーウェン・ウィルソンが、東京国際映画祭で主演映画『シーズ・ファニー・ザット・ウェイ』の上映に合わせて緊急初来日を果たし、10月29日(水)、ピーター・ボグダノビッチ監督と共に上映後の観客とのQ&Aに臨んだ。

最新ニュース
オーウェン・ウィルソン&ピーター・ボグダノビッチ監督/『シーズ・ファニー・ザット・ウェイ』 in 第27回東京国際映画祭
  • オーウェン・ウィルソン&ピーター・ボグダノビッチ監督/『シーズ・ファニー・ザット・ウェイ』 in 第27回東京国際映画祭
  • オーウェン・ウィルソン&ピーター・ボグダノビッチ監督/『シーズ・ファニー・ザット・ウェイ』 in 第27回東京国際映画祭
  • オーウェン・ウィルソン&ピーター・ボグダノビッチ監督/『シーズ・ファニー・ザット・ウェイ』 in 第27回東京国際映画祭
  • オーウェン・ウィルソン&ピーター・ボグダノビッチ監督/『シーズ・ファニー・ザット・ウェイ』 in 第27回東京国際映画祭
  • オーウェン・ウィルソン&ピーター・ボグダノビッチ監督/『シーズ・ファニー・ザット・ウェイ』 in 第27回東京国際映画祭
  • オーウェン・ウィルソン&ピーター・ボグダノビッチ監督/『シーズ・ファニー・ザット・ウェイ』 in 第27回東京国際映画祭
  • オーウェン・ウィルソン&ピーター・ボグダノビッチ監督/『シーズ・ファニー・ザット・ウェイ』 in 第27回東京国際映画祭
  • オーウェン・ウィルソン&ピーター・ボグダノビッチ監督/『シーズ・ファニー・ザット・ウェイ』 in 第27回東京国際映画祭
日本でも高い人気を誇るオーウェン・ウィルソンが、東京国際映画祭で主演映画『シーズ・ファニー・ザット・ウェイ』の上映に合わせて緊急初来日を果たし、10月29日(水)、ピーター・ボグダノビッチ監督と共に上映後の観客とのQ&Aに臨んだ。

75歳のボグダノビッチ監督の13年ぶりの長編フィクションとなる本作は、ニューヨークを舞台にしたコメディ。妻を主演女優に起用した舞台を控える演出家が、一晩を共にしたコールガールが実は女優の卵で、偶然、彼の舞台のオーディションを受けに来ることから巻き起こるドタバタ劇を描き出す。

ボグダノビッチ監督は、本作の着想が自身の経験から来ていると明かす。オーウェン演じる演出家は、あちこちでコールガールと一夜を共にするたびに彼女たちに大金を授け、コールガールをやめて新たな人生を切り拓くように説得するという男だが、「1978年にシンガポールで映画を撮ったんですが、それはシンガポールで娼館を開こうとするアメリカ人の話で、その時何人かのコールガールと話をしたんです。彼女たちはタイの故郷に帰りたがっていて、私は彼女たちに少しのお金を渡し『故郷に帰りなさい』と言いました。その時のことがアイディアの元になっています」と驚きのエピソードを明かす。

ここで、到着が遅れていたオーウェンが登場! ガッシリと肩を抱き合うオーウェンとボグダノビッチ監督の姿に拍手が沸き起った。意外にもオーウェンはこれが初来日となるが、「こうしてここに来られて嬉しいです」と挨拶し、「いま、ここに入る前にピーターがどうやってこの話の着想を得たのかを僕も聞いてたんだけど、クレイジーだね」と笑みを浮かべていた。

名匠・ボグダノビッチ監督の現場について、オーウェンは「ニューヨークを舞台にした映画で、ニューヨークできちんと撮影ができたというのは素晴らしいことだったね。ピーターとの仕事は喜びに満ちた楽しいものだったよ。僕らは共通の友人であるウェス・アンダーソン監督を通じて友人になったんだけど、今回の仕事を通じて絆がより深まったと思う。映画を撮っている時期に『いま、誰と仕事をしているの?』と聞かれることは多いけど、『ピーター・ボグダノビッチの現場にいるんだ』と答えられる今回ほど誇らしかったことはないね」と嬉しそうに語った。

“映画の魔法”に満ちており、映画ファンを魅了するボグダノビッチ作品だが「映画の中の魔法はどうやって生み出しているのか?」という問いに、監督は「I don't know.(分かりません)」と答え、「良くなるといいなと願いうばかりです。ひとつハッキリしているのは良い俳優を揃えるということ。今回はオーウェン・ウィルソンが最良の選択肢でした。彼らのベストな演技を引き出す必要がありますが、それは関係性から生まれるものです。協同での作業が必要ですが、今回はそれがとてもうまくいったと思います。私はオーウェンのファンでしたから、彼が『YES』と言ってくれた瞬間に成功すると確信しました」と全幅の信頼を口にしていた。

第27回東京国際映画祭は10月31日(金)より開催中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top