『ビッグ・アイズ』完成が待たれるティム・バートン、六本木で超多忙なハロウィン!

来日中のティム・バートンが10月31日(金)、第27回東京国際映画祭が開催中のTOHOシネマズ六本木ヒルズで最新作『ビッグ・アイズ』のプレゼンテーションを実施。約2分30秒の先行フッテージを披露し、「もうすぐ完成するよ」と…

最新ニュース レポート
ティム・バートン(監督)/『ビッグ・アイズ』プレゼンテーション
  • ティム・バートン(監督)/『ビッグ・アイズ』プレゼンテーション
  • ティム・バートン(監督)/『ビッグ・アイズ』プレゼンテーション
  • ティム・バートン(監督)/『ビッグ・アイズ』プレゼンテーション
  • 『ビッグ・アイズ』 -(C) Big Eyes SPV, LLC(C)Big Eyes SPV, LLC
  • ティム・バートン(監督)/『ビッグ・アイズ』プレゼンテーション
  • 『ビッグ・アイズ』 -(C) Big Eyes SPV, LLC
  • ティム・バートン(監督)/『ビッグ・アイズ』プレゼンテーション
  • 『BIG EYES』(原題)-(C) Big Eyes SPV, LLC
来日中のティム・バートンが10月31日(金)、第27回東京国際映画祭が開催中のTOHOシネマズ六本木ヒルズで最新作『ビッグ・アイズ』のプレゼンテーションを実施。約2分30秒の先行フッテージを披露し、「もうすぐ完成するよ」とファンに報告した。

ハロウィンのこの日、バートン監督は六本木を拠点に超多忙なスケジュール! まず六本木・森アーツセンターギャラリーで開幕する「ティム・バートンの世界展」のオープニングセレモニー及びプレス向け内覧会に出席し、大好きだというウルトラ怪獣ともご対面。

その後、映画祭のクロージングセレモニーに出席し、北野武監督とともに本年度から新設された「SAMURAI(サムライ)賞」を受け取った。そのため、『ビッグ・アイズ』のプレゼンテーションに若干遅刻してしまったが、「こんなに嬉しいことが重なるなんて、最高だよ。日本のみんなもハッピー・ハロウィン!」と満面の笑みで浮かべた。

映画のタイトルになっている“ビッグ・アイズ”とは、1960年代に世界中で大ブームを巻き起こした悲しげな大きな瞳の子どもたちの絵画シリーズ。世間はその作者を男性画家のウォルター・キーンだと信じたが、実際の生みの親は妻・マーガレットだった。富と名声を捨ててでも、アート界を揺るがす真実を公表しようとするマーガレットの運命は?

バートン監督本人も熱心な“ビッグ・アイズ”収集家だと言い、「幼い頃は、一般家庭のリビングや歯医者さんの待合室によく飾ってあったよ。子どもながらに、絵に見つめられる感覚で、不思議というか、不気味というか…」(バートン監督)。夫婦をめぐる秘密について、大人になってから知ったそうで「とても興味深い実話だよね。僕が実在の人物を、映画にするのは『エド・ウッド』以来。久しぶりにリアリスティックな作品になったよ」と話していた。

マーガレットを演じるのは、『アメリカン・ハッスル』でアカデミー賞「主演女優賞」にノミネートされたエイミー・アダムス。そして、事件の鍵を握る夫・ウォルターを『ジャンゴ 繋がれざる者』でアカデミー賞「助演男優賞」に輝いたクリストフ・ヴァルツが演じている。

「ご承知の通り、2人とも素晴らしい演技派俳優で、奇妙な夫婦関係を演じてくれたよ。やっぱり映画づくりの喜びは、素晴らしい才能とコラボレーションできることだよね」とバートン監督。駆けつけたファンは、最新作への期待に胸をふくらませていた。

『ビッグ・アイズ』は2015年1月、TOHOシネマズ 有楽座ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top