生田斗真×小栗旬が一緒に銭湯に? 互いの“肉体美”を絶賛!

最新ニュース

小栗旬/ドラマ「ウロボロス この愛こそ、正義。」舞台挨拶
  • 小栗旬/ドラマ「ウロボロス この愛こそ、正義。」舞台挨拶
  • 上野樹里/ドラマ「ウロボロス この愛こそ、正義。」舞台挨拶
  • 小栗旬/ドラマ「ウロボロス この愛こそ、正義。」舞台挨拶
  • 広末涼子/ドラマ「ウロボロス この愛こそ、正義。」舞台挨拶
  • ムロツヨシ/ドラマ「ウロボロス この愛こそ、正義。」舞台挨拶
  • 吉田羊/ドラマ「ウロボロス この愛こそ、正義。」舞台挨拶
  • 小栗旬&広末涼子/ドラマ「ウロボロス この愛こそ、正義。」舞台挨拶
  • 小栗旬&広末涼子&ムロツヨシ/ドラマ「ウロボロス この愛こそ、正義。」舞台挨拶
生田斗真と小栗旬が8年ぶりに共演するドラマ「ウロボロス この愛こそ、正義。」の特別試写会が1月11日(日)に開催。第1話上映後の舞台挨拶で、生田さんと小栗さんは久々の共演や互いの出演シーンの見どころについて語った。

2人が演じるのは同じ児童養護施設で育ったイクオ(生田さん)と竜哉(小栗さん)。子どもの頃に恩人である施設の結子先生(広末涼子)が殺されるのを目撃したが、金時計をした警察関係者に事件自体をもみ消されてしまう。大人になってイクオは刑事、竜哉はヤクザとなり、協力してかつての事件の真相を追う。

公私で仲の良い2人だが、共演は「花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~」(フジテレビ)以来、実に8年ぶり。生田さんは5年ほど前に原作漫画と出会い、小栗さんとの共演によるドラマ化を熱望してきたという。

生田さんは、8年前を「2人とも20代前半で『これから行ってやる!』という勢いだけで乗り切っていましたね」と述懐。小栗さんについて「この8年でいろんな修羅場をくぐり抜けて、つらい思いや楽しい思いもして、背負っている男の背中になっている。小栗くんといると、現場が引き締まるし、小栗旬とやれてよかったなと思います」としみじみと語る。

一方、小栗さんも「8年前は斗真は22歳で若くて勢いでやってましたが、どんどんいろんなところで主役をやって、逞しくちゃんと真ん中にいてくれるので、無責任に暴れられます」と生田さんの変化、頼もしさを口にした。

互いの出演シーンにも言及。生田さんが見どころとして「小栗旬のベロ! エロいなぁと思った」と言うと、小栗さんは「エロ全開でこの先も頑張りたい!」とニッコリ。さらに小栗さんは「第2話では生田くんのカッコいい肉体が出てきます。すごく締まったいいカラダがが(笑)」と予告。生田さんは「2人で銭湯に入ってます。小栗くんの背中もヤバいです」と明かした。

また、かねてから本作の主題歌に関し「Sakura」というタイトルだけが発表されていたが、同楽曲を歌うのが「嵐」であることが発表された。「嵐」がメンバーの出演しないドラマに主題歌だけを提供するのは初めてのこと。生田さんは「よく引き受けてくれました。『ウロボロス』のテーマは人を思う気持ちや友情、絆。古くからの友人である嵐が参加してくれて嬉しい。心強い後押しになりました」と喜びを口にする。

小栗さんは嵐が主題歌を歌う作品に出演する機会が多いそうで「オレも嵐だったかな? と思った(笑)」ととおどけ、会場は笑いに包まれた。

「ウロボロス この愛こそ、正義。」は1月16日(金)より22:00~TBSにて放送開始。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top