手づくりバレンタインチョコに…スーパーフードのサンフードからカカオ豆を使った新製品が登場

最新ニュース

「サンフードスーパーフーズ(Sunfood SUPERFOODS)」から、2月1日(日)発売となる、左「オーガニックカカオペースト」(454g 5,184円)と、右「オーガニック カカオバター」(454g 5,400円)。
  • 「サンフードスーパーフーズ(Sunfood SUPERFOODS)」から、2月1日(日)発売となる、左「オーガニックカカオペースト」(454g 5,184円)と、右「オーガニック カカオバター」(454g 5,400円)。
  • 生のカカオ豆100%から抽出された天然カカオバターは香りや風味が豊か。ローフード対応なので、ローフードレシピに活用できるほか、マッサージオイルやスキンクリームなどのボディケアにも使用できる。
  • サンフーズ社のローカカオペーストは、高品質のカカオ豆を低温加工してあり、なめらかな味わい。細かく削ったり、切ったり、溶かしたりして、チョコレート作りはもちろん、アイスクリームやケーキ、スムージー作りにも活用できる。
2013年に日本に上陸して以来、瞬く間にヘルシー志向の女性たちの間で支持を集めるようになったスーパーフードの世界的リーディングカンパニー「サンフードスーパーフーズ(Sunfood SUPERFOODS)」から、バレンタインに向けて手づくりチョコレートつくりに活用できる新製品が発売される。2月1日(日)発売となる、「オーガニック カカオバター」(454g 5,400円)と「オーガニックカカオペースト」(454g 5,184円)だ。

チョコレートの原料となるカカオは、栄養価がとても高く、マグネシウムのようなミネラルだけでなく、銅やマンガン、カルシウムなども含まれているということをご存知だろうか。

カカオバターは、カカオ豆を絞ってカカオパウダー(粉砕前の個体)と分離させたピュアなオイルで、カカオペーストは、カカオ豆から採れるカカオニブスとカカオバターを併せて練ってペースト状にし、冷却したものになる。

サンフードのカカオバターとカカオペーストの原料となるカカオ豆は、遺伝子組み換えでなく、かつオーガニック認証を取得した在来種のカカオ豆のみを厳選使用している。しかもカカオの持つ酵素や栄養素を壊さないように、47.78度以下の低温圧搾によって非加熱で製造されているから、ローチョコレート作りにも安心して使える。

バレンタインデーに向けて、チョコレートを手づくりしようと考えている人は、原料のカカオからこだわってみてはいかが? ヘルシーでありながら、オーガニック カカオバターの滑らかでリッチな口当たりと、オーガニック カカオペーストの甘くビターな香りとなめらかなコクをきかせて、これまでの手作りチョコレートをヘルシーかつ風味豊かに、ワンランクアップさせてみてはいかが。
《text:Miwa Ogata》

関連ニュース

特集

page top