松坂桃李、盲目のピアニスト・辻井伸行の“生演奏”に感動!

松坂桃李が撮影の1年から練習を重ね、ヴァイオリニストを演じる本格的な音楽映画『マエストロ!』。映画の公開が今月31日に迫り、1月20日(火)、よみうり大手町ホールにて公開直前イベントが行われ…

最新ニュース
松坂桃李&辻井伸行(ピアニスト)&西田敏行&miwa&小林聖太郎(監督)/『マエストロ』公開直前イベント
  • 松坂桃李&辻井伸行(ピアニスト)&西田敏行&miwa&小林聖太郎(監督)/『マエストロ』公開直前イベント
  • 指揮棒を振るう、西田敏行/『マエストロ』公開直前イベント
  • 生演奏で会場を魅了する、辻井伸行(ピアニスト)/『マエストロ』公開直前イベント
  • 指揮棒を振るう、西田敏行/『マエストロ』公開直前イベント
  • 松坂桃李&辻井伸行(ピアニスト)&西田敏行&miwa&小林聖太郎(監督)/『マエストロ』公開直前イベント
松坂桃李が撮影の1年から練習を重ね、ヴァイオリニストを演じる本格的な音楽映画『マエストロ!』。映画の公開が今月31日に迫り、1月20日(火)、よみうり大手町ホールにて公開直前イベントが行われ、松坂さんをはじめ、共演の西田敏行、シンガーのmiwa、小林聖太郎監督が登場した。

さそうあきらの漫画を原作とする本作。人生挫折中のヴァイオリニスト(松坂桃李)が、不況で解散が伝えられた名門オケの復活に心躍らせるが、その仕掛け人である指揮者・天道(西田敏行)は破天荒な謎のひげ男で、メンバーも“負け組”ばかり。だが天道の導く音の深みが楽団員の心を動かし始め…。

本作で指揮指導&指揮演技監修を務めた世界的指揮者・佐渡裕さんの熱血指導について聞かれると、松坂さんは「佐渡さんがいらっしゃるだけで、一瞬にして“森”になるんですよね。情熱が一瞬にして伝わるので、それを直に体感できたのは非常に貴重でした」とふり返る。

実際にその熱い指導を受けた西田さんも「情熱を“人間”にすると、ああいう形になるんですね。本当に表情が豊か(ゆたか)、佐渡裕(ゆたか)です」と西田節を炸裂させ、会場を笑いに包んでいた。

本作で映画デビューを飾ることとなる、天才フルート奏者を演じたmiwaさんは「佐渡さんは、実は大学でフルート科を卒業されていたのですが、フルートをやっていたんだよね? と言われて。実際やったことはなかったので、最高の褒め言葉だなと思いました」と撮影当時のエピソードを語った。

また、撮影にあたり佐渡さんによる指導を受け、謎の指揮者“天道”を演じきった西田さんが、劇中演奏曲であるベートーヴェン「運命」の指揮を会場で生披露することに!
 松坂さんが劇中のセリフを用いて「あなたの棒です」と隠し持っていた指揮棒を手渡し、張り詰めた空気が漂う中、弦楽四重奏(ヴァイオリン2本、ヴィオラ、チェロ)を前にした西田さんが両手を振り上げ見事な“マエストロ”姿を披露し、会場からは歓喜の拍手が巻き起こった。

松坂さんは「思わず自分が(ヴァイオリンを)弾きそうになりました」と興奮気味に語り、miwaさんは「背筋がピンとなりますね。(撮影時の)あの緊張感を思い出しました。フルートを構えたくなりましたね」と、久しぶりに目にした西田さんのマエストロっぷりに感激の様子だった。

またこの日はスペシャルゲストとして、エンディングテーマ「マエストロ!」を手がけた盲目のピアニスト・辻井伸行さんがサプライズ登場。ピアノの生演奏を披露されると、観客はもちろん、キャスト陣までもが感動に包まれ、客席にはすすり泣く声もあった。

辻井さんは「この作品に関われたことに本当に感謝していますし、誇りに思っています。こんなに皆さんが演奏できるとは思っていなかったので、びっくりしました。豪華なメンバーがここまで熱心に練習されて感動しました。素晴らしいです」と、松坂さんらキャスト陣の役作りに賞賛を贈る。

すると辻井さんと同い年(26歳)の松坂さんは「辻井さんにこのような言葉をかけられるとは! 同い年で違う畑の人たちとこのようにして関われるとは、この映画で音楽というものに引き寄せられたんだなとつくづく実感しています」と感慨深い様子で語った。

最後に松坂さんは「本作は色々な境遇の皆さんにも様々なシーンで置き換えられるところがあると思います。コンサートシーンを、身体で、目で、耳で実感して頂ければと思います。最後までどうぞお楽しみください」と演じたコンサートマスターらしく、力強く締めくくった。

『マエストロ』は1月31日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top