香港の100万ドルの夜景穴場スポット&マカオの世界遺産30カ所を徹底紹介!

220:一つの国や地域に、2人のディレクターがそれぞれ14日間=のべ672時間(14日×24時間×2人)取材し、その国や地域のリアルな今を伝えるフジテレビの人気バラエティ番組『世界行ってみたらホントはこんなとこだった!?』(毎週水曜19:57~)。

最新ニュース
一つの国や地域に、2人のディレクターがそれぞれ14日間=のべ672時間(14日×24時間×2人)取材し、その国や地域のリアルな今を伝えるフジテレビの人気バラエティ番組『世界行ってみたらホントはこんなとこだった!?』(毎週水曜19:57~)。1月21日の放送では、日本から直行便で約5時間、100万ドルの夜景やグルメを楽しめる「香港」と、カジノや世界遺産で大人気の観光都市「マカオ」を紹介する。

今回、取材に向かったのは隅川恵美ディレクターと中村慶ディレクター。隅川ディレクターは、香港で地元の方に“100万ドルの夜景”を見る穴場スポットの聞き込み調査を実施。ビクトリアピークなど、有名観光地から見る夜景ももちろんだが、地元の方がオススメするさまざまな夜景スポットから夜景を堪能。可愛い手作りチャイニーズ雑貨やデザイン豊富なチャイナ服も登場する。

そして、中村ディレクターは、東京都中央区とほぼ同じ広さのマカオ半島へ。かつてポルトガル領だったマカオには、22カ所の歴史的建造物と8つの広場を合わせた30カ所の世界遺産が半径2キロ圏内に密集した「マカオ歴史市街地区」がある。今回、中村ディレクターは世界遺産30カ所を全て調査することに。マカオ最古と言われる寺院では、巨大線香を購入。仕事の成功を願いお祈りをしていると……。ありえない出来事に驚き!?

■『世界行ってみたらホントはこんなとこだった!?』
毎週水曜19:57~20:54(フジテレビ系列)
《編集部@テレビドガッチ》

関連ニュース

特集

page top