食のオスカーに輝いた全米NO.1ベーカリー「TARTINE BAKERY」が代官山にオープン

最新ニュース

左:オーナーベーカーのチャド・ロバートソン 右:パンは、昔ながらの製法に倣ってひとつずつ手ごねで成形される。消化しやすく、栄養素を摂取しやすい健康にいいパンづくりをしている。
  • 左:オーナーベーカーのチャド・ロバートソン 右:パンは、昔ながらの製法に倣ってひとつずつ手ごねで成形される。消化しやすく、栄養素を摂取しやすい健康にいいパンづくりをしている。
  • 「TARTINE BAKERY」は、サンフランシスコのミッションエリアの人気店。2003年に開業。
  • 小麦の新鮮さに気を配り、素早くこねることで高い水和性と長時間の自然発酵を確保した、職人技を要するスタイルにこだわっている。
  • サンフランシスコのミッションエリアにあるベーカリー&カフェ「TARTINE BAKERY」。
アメリカ、サンフランシスコのミッションエリアにある人気ベーカリー&カフェ「TARTINE BAKERY」が、東京・代官山の旧線路跡地に今春開業予定のLOG ROAD DAIKANYAMA(ログロード代官山)にオープンする。

「TARTINE BAKERY」は、食のオスカーとも呼ばれる「JAMES BEARD FOUNDATION AWEARDS」に2006年、2007年にノミネートされ、2008年に受賞。アメリカのベストベーカリーにも選出されたことがあり、行列の絶えない人気店として知られる超有名店のひとつ。ビーチが広がりサーファーたちによるサンフランシスコのレイドバックなライフスタイルと相まって、同エリアのクリエイティブなコミュニティ形成のハブとしても機能している。

同店は、オーナーベーカーのチャド―・ロバートソンが2002年にオープンして以来、昔ながらの製法に倣ってひとつひとつを手ごねで成形していくことで、消化によく、栄養素を体に取り込みやすい健康的なパンを目指している。フレッシュな小麦粉を使い、やさしく素早くこねることで高い水和性と長時間の自然発酵を確保するという、熟練の職人技を必要とするスタイルにこだわっている。

「TARTINE BAKERY」が日本初進出することになる「LOG ROAD DAIKANYAMA(ログロード代官山)は、散策路、5棟の新しい形の商業店舗を有し、四季折々の花と緑を楽しめる、都心にありながら気持ちの良い空気を感じられる商業空間をコンセプトにしている。出店テナントには、ほかにクラフトビールとともにいままでにないビール体験を提供するキリンビール株式会社の新しい情報発信拠点「SPRING VALLEY BREWERY TOKYO(スプリングバレーブルワリー東京)」やアメリカ西海岸を代表するライフスタイル複合セレクトモール「Fred Segal(フレッド・シーガル)」など話題店舗が連なる。
《text:Miwa Ogata》

関連ニュース

特集

page top