【予告編】ドイツ版「母をたずねて三千里」…『ぼくらの家路』9月に日本公開

2014年の第64回ベルリン国際映画祭コンペティション部門に出品され、賞賛を浴びたドイツ映画『ぼくらの家路』が、9月19日(土)より…

映画
『ぼくらの家路』ー(C)PORT-AU-PRINCE Film & Kultur Produktion GmbH
  • 『ぼくらの家路』ー(C)PORT-AU-PRINCE Film & Kultur Produktion GmbH
  • 『ぼくらの家路』ポスタービジュアル ー(C)PORT-AU-PRINCE Film & Kultur Produktion GmbH
2014年の第64回ベルリン国際映画祭コンペティション部門に出品され、賞賛を浴びたドイツ映画『ぼくらの家路』が、9月19日(土)より日本公開されることが決定。あの名作アニメ「母をたずねて三千里」のドイツ版ともいえる本作から、思わず胸が熱くなる予告映像が到着した。

舞台はベルリン、10歳のジャック(イヴォ・ピッツカー)は、6歳の弟・マヌエル(ゲオルグ・アームズ)と生活していた。若きシングルマザーである母は、優しいけれど恋人との時間や夜遊びを優先し、ある日、ジャックは母親の元を離れ施設に預けられることに。ジャックは周りと上手く馴染めず、母に会える夏休みを心待ちにしていた。だが、母の迎えが遅れることに落ち込み、とうとう施設を飛び出してしまう。

マヌエルを迎えに行ったジャックは、2人だけで母を捜しに、仕事場、通っているクラブ、昔の恋人の事務所まで、ベルリン中を駆け回る。小さな肩を寄せ合う2人は、再び母の腕の中に帰ることができるのか…。

ベルリンに生きる10歳と6歳の幼い兄弟が、母を捜す3日間の旅を描き出す本作。とりわけベルリン国際映画祭でメディアから絶賛されたのは、撮影当時わずか11歳で自身初俳優デビュー作となるイヴォ・ピッツカーだ。監督のエドワード・ベルガーは、「最後に予定されていたオーディションにイヴォが飛び込んできた。夕方6時になり、ゆっくりと絶望感に浸り始めた僕たちの目が突然覚めたんだ。それからイヴォと4回会い、この役のニュアンスを試してみたけど、僕らはそのとき、僕らのジャックを見つけたことに気づいていたんだ」と、この小さな逸材との出会いについて語っている。

映像では、そのピッツカー演じる、頑張りすぎるゆえにいつも仏頂面な兄ジャックが時折見せる笑顔や涙が、私たちの心を掴んで離さない。「ダルデンヌ兄弟やケン・ローチを彷彿させる秀作」(「Variety」誌)と賞賛されたのも納得だ。



「ママに会いたい」というジャックとマヌエルの願いは叶うのか、彼らが母親を探す旅で見つけたものとは…? まずは予告編から、2人の兄弟の小さな旅に思いを馳せてみて。

『ぼくらの家路』は9月19日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top