【特別映像】城田優、初のオープニング楽曲を作詞!『明烏 あけがらす』

映画

『明烏 あけがらす』-(C) 2015「明烏」製作委員会
  • 『明烏 あけがらす』-(C) 2015「明烏」製作委員会
  • 『明烏 あけがらす』-(C) 2015「明烏」製作委員会
  • 『明烏 あけがらす』-(C) 2015「明烏」製作委員会
  • アオイ役を演じる城田優 -(C) 2015「明烏」製作委員会
  • 『明烏 あけがらす』-(C) 2015「明烏」製作委員会
  • 『明烏 あけがらす』-(C) 2015「明烏」製作委員会
  • 『明烏 あけがらす』-(C) 2015「明烏」製作委員会
菅田将暉演じる最下位ホスト・ナオキと、彼を取り巻く仲間たちの12時間を描く『明烏 あけがらす』。このほど、映画『女子ーズ』、ドラマ「アオイホノオ」「勇者ヨシヒコ」シリーズなど、オープニング映像のクオリティの高さには定評のある福田雄一監督の最新作となる本作で、オープニングを飾る楽曲の作詞を城田優が手掛けたことが明らかとなった。

品川でひっそり営業しているホストクラブ「明烏」(あけがらす)の最下位ホスト・ナオキ(菅田将暉)。借金の返済金1,000万円を用意できたを祝って同僚と宴会を開いたはずが、翌日の夕方、目を覚ますとお金は影も形もない! 東京湾の底に沈められるという絶体絶命の危機をどうにか乗り越えようとするナオキと、同僚ホスト、金の払えない女性客、上京してきた父親、そして借金取り…と、まるで頼りにならない登場人物たち。果たして、返済期限の12時間に間に合うのか!?

いまやコメディ作品の代名詞的存在とも言える福田監督作品といえば、そのクオリティの高いオープニング映像も人気を集める要因のひとつ。今回到着したオープニング映像も、三味線の音色に乗せた楽曲にモダンジャパニーズ風のビジュアルが印象的な、スタイリッシュな映像となっている。



なんとこの楽曲の作詞を手掛けたのは、本作で、チャラくておバカな人気ホスト・アオイ役を演じている城田さん。映像作品のみならず、舞台でもその実力を発揮する城田さんだが、映画のオープニング楽曲の作詞をするのは初体験。元々は本編用に作られた楽曲が、あまりのノリの良さにオープニングに起用されたという。

さぞかし入念に準備されたのかと思いきや、実は撮影時に突然、福田監督に振られた結果、30分ほどで城田さんが考え出したというから驚きだ。台本には「アオイとレイ(柿澤勇人)がドンペリダンスを踊る」と書かれていたのみだったそうで、城田さんも「『ちょっとこのあとドンペリを出すときのコールがあるから、踊って歌ってほしいんだよね』と言われて、その場で考え、歌って踊ったものが、本当にオープニングテーマになりました(笑)」とコメント。

とは言え、そこはミュージカルでも多数のステージを経験してきた城田さん。「ホストのチャラさを出しながら、『明烏、あけグラス』と韻を踏んで響きのいいように作ってみました」と、監督のムチャぶり(?)を凌駕する才能を発揮したようだ。

また、城田さん、柿澤さんといえば、ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」でのロミオ役経験者。結果的に、実力派の2人による“無駄に贅沢なワンシーン”となったことも見どころといえそう。

作詞した城田さん自身も「実際に映画を観てオープニングテーマの曲を聴いたときには、まさかこんな風になるなんて! と、自分でもミラクルに驚いています(笑)」と明かす、その映像。ひと足先にこちらから堪能してみて。

『明烏 あけがらす』は5月16日(土)より新宿バルト9ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top