「ごめんね青春!」劇中ラジオ番組が一夜限りの復活! 生瀬勝久が“カバさん”に

「関ジャニ∞」の錦戸亮と宮藤官九郎がタッグを組んだドラマ「ごめんね青春!」。6月3日(水)のDVD&Blu-ray発売を記念し、劇中ラジオ番組「カバヤキ三太郎のごめんね青春!」がTBSラジオで放送されることが明らかとなった。

最新ニュース
日曜劇場「ごめんね青春!」 (c)TBS
  • 日曜劇場「ごめんね青春!」 (c)TBS
  • 「カバヤキ三太郎のごめんね青春!」のDJを務める生瀬勝久/日曜劇場「ごめんね青春!」 (c)TBS
「関ジャニ∞」の錦戸亮と宮藤官九郎がタッグを組んだドラマ「ごめんね青春!」。2014年10月より放送され多くのファンを集めた本作の、6月3日(水)のDVD&Blu-ray発売を記念し、劇中ラジオ番組「カバヤキ三太郎のごめんね青春!」がTBSラジオで放送されることが明らかとなった。

主人公の原平助(錦戸亮)は、静岡県にある仏教系男子校、通称“東高(とんこー)”の教師。14年前に起きたとある出来事を負い目に感じながらも、母校である東高で教壇に立ち、日々を送っていた。そんな折、学生数の減少により、同じ地域にあるカトリック系の女子校、通称“三女(さんじょ)”との合併話が持ち上がる。すったもんだの末、「お試し」で1クラスの半分ずつ生徒と勤務先を交換することになった平助と、三女の教師・蜂矢りさ(満島ひかり)だが…。

「あまちゃん」で空前のブームを巻き起こした宮藤官九郎が、TBSで「うぬぼれ刑事」以来4年ぶりに脚本を手掛けた本作は、宮藤さんいわく「いじめも体罰も学級崩壊もなく、ただ漫然と1クールを描き切る」ことを目指した明るく楽しい学園ドラマ。永山絢斗、重岡大毅 (ジャニーズWEST)、波瑠、トリンドル玲奈 などフレッシュなキャストはもちろん、斉藤由貴、えなりかずき、森下愛子、坂井真紀、生瀬勝久、風間杜夫ら、実力派俳優達が脇を固め、“クドカン節”に彩りを添えた。

そしてこのたび6月3日のDVD&Blu-ray発売を記念して、その生瀬さんが演じる東高の校長・三宮大三郎が、正体を隠しながらDJ“カバヤキ三太郎”として放送しているラジオ番組「カバヤキ三太郎のごめんね青春!」が、実際にTBSラジオで放送される。

番組の構成は、ラジオのヘビーリスナーとして知られ、自らも番組を持つ宮藤さんが担当。名物コーナーとして劇中で取り上げられていた、誰かに謝りたいことをリスナーが電話する「ごめんね電話」ももちろん登場し、実際にリスナーと電話をつなげる場面も予定、TBSラジオの公式サイトでは参加したいリスナーを募集中という。生瀬さん扮する“カバさん”が繰り出す「何が『ごめんね』なのかな?」「一方的にしゃべらないでくれる?」などの名フレーズも、一夜限りで復活するというから、ファンにはたまらない時間となりそうだ。

ドラマ同様、「楽しく面白くバカバカしい気持ちになれる」番組になるという、ラジオ版「ごめんね青春!」。シスター吉井校長役の斉藤さん、どんまい先生役の坂井さんなど、ドラマキャストの出演も続々決定しているとのことなので、お楽しみに。

日曜劇場「ごめんね青春!」DVD&Blu-ray発売記念SP!「カバヤキ三太郎のごめんね青春!」は6月14日(日)23:00よりTBSラジオにて放送。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top