玉木宏主演作、ロケ地・広島からキャストコメント到着! 映画『星籠の海』

今年3月、主人公の探偵・御手洗潔役に玉木宏を迎えドラマ化され話題となった、島田荘司原作の御手洗シリーズ最新作が、

映画
『星籠の海 探偵ミタライの事件簿』現場会見
  • 『星籠の海 探偵ミタライの事件簿』現場会見
  • 玉木宏『星籠(せいろ)の海 探偵ミタライの事件簿』-(C) 映画「星籠の海」製作委員会
  • 玉木宏『星籠(せいろ)の海 探偵ミタライの事件簿』-(C) 映画「星籠の海」製作委員会
  • 玉木宏『星籠(せいろ)の海 探偵ミタライの事件簿』-(C) 映画「星籠の海」製作委員会
  • 『星籠の海 探偵ミタライの事件簿』現場会見
今年3月、主人公の探偵・御手洗潔役に玉木宏を迎えドラマ化され話題となった、島田荘司原作の御手洗シリーズ最新作が、『星籠の海 探偵ミタライの事件簿』として映画化が決定。このほど5月8日(金)に撮影ロケ地となる広島にて現場会見が行われ、キャスト陣からコメントが到着した。

今回、映画化される最新作「星籠の海」は、原作者の島田氏が「天才探偵・御手洗潔が国内の事件を解決する最後の作品」と宣言したシリーズ集大成とも呼べる一作。彼の故郷である広島県・福山市を舞台に、日本で唯一太古の昔から変わることなく6時間ごとに機械のように満ち引きが繰り返される“時計仕掛けの海=瀬戸内海”が、天才探偵・御手洗潔を難解な事件へと巻き込む本格ミステリーとなっている。

本作製作の発端は、福山市長と島田氏が「(福山市制100周年という節目に)そんな福山を舞台にした御手洗潔の映画を作りましょうよ」と話したことだったそうで、市制施行100周年となる記念事業として福山市では、福山観光コンベンション協会、福山商工会議所ほか「星籠の海」製作支援委員会を立ち上げるなど、本作を全面的にバックアップ。

撮影も順調のようで、主演の玉木さんは「撮影が始まって2週間くらいたちますが、原作『星籠の海』で描かれている福山の魅力を身に染みて感じながら、日々撮影をさせていただいています」とコメント。さらに「御手洗潔という、自分とは本当にかけ離れた人物を演じることの難しさを痛感していますが、彼がいいのは、本当に迷いがないという人物なので、セリフをしっかり頭にいれて演じているところです」と役作りにおいても好調な様子。

小川みゆき役を演じるのは、「黒の女教師」「35歳の高校生」で知られる広瀬アリス。「まだまだ未熟者の自分が、こんな素敵な作品に参加させて頂くということがとても大きなことで日々緊張しながら毎日撮影しています」と謙虚な姿勢をみせた。

滝沢加奈子役を務める石田ひかりは、「久々に脳に汗をかく本当に難しいセリフと格闘しています」と奮闘ぶりを明かし、小坂井准一役の要潤は「鞆の浦の海のエネルギーをうけながら福山で生まれ、福山で育った人間を演じていきたいと思っています」と意気込みを述べた。

また、本作で主演の玉木さんとは共演3作目となる槙田邦彦役の吉田栄作は、過去2作品が力を合わせて日本を守る、というシチュエーションだったことに触れ「きっと今回もそうなんじゃないかと…ぼく個人的には祈っています」と想いを語った。

脚本作りにも携わった島田氏は「ようやくここまで来たという思いです」と喜ぶと共に、「御手洗を演じていただく主演の玉木宏さん、広瀬アリスさん、石田ひかりさん、要潤さん、吉田栄作さんにここ福山に来ていただき、和泉聖治監督の手腕によるこの作品に、大きく期待しています」とコメントを寄せた。

『星籠(せいろ)の海 探偵ミタライの事件簿』は2016年全国公開予定。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top