【特別映像】猫の“ごろごろ”喉音が映画館に響き渡る…映画『先生と迷い猫』

イッセー尾形が9年ぶりに主演、染谷将太や北乃きいらと共演する『先生と迷い猫』より、特別映像が到着した。

映画
『先生と迷い猫』 - (C) 2015「先生と迷い猫」製作委員会
  • 『先生と迷い猫』 - (C) 2015「先生と迷い猫」製作委員会
  • 『先生と迷い猫』 - (C) 2015「先生と迷い猫」製作委員会
  • 『先生と迷い猫』 - (C) 2015「先生と迷い猫」製作委員会
  • 『先生と迷い猫』 - (C) 2015「先生と迷い猫」製作委員会
  • 『先生と迷い猫』 - (C) 2015「先生と迷い猫」製作委員会
  • 『先生と迷い猫』 - (C) 2015「先生と迷い猫」製作委員会
イッセー尾形が9年ぶりに主演、染谷将太や北乃きいらと共演する『先生と迷い猫』より、特別映像が到着した。

定年退職した校長先生、森衣恭一は、妻に先立たれてひとり暮らし。そのカタブツさと偏屈さから近所では浮いた存在だ。訪ねてくるのは、亡き妻が餌付けをし、可愛がっていた野良猫ミイくらい。猫が好きではない森衣は、なんとか追い払おうとするが、ミイはどんなに追っ払っても毎日やってきて、妻の仏壇の前に座っている。まるで死んだ妻が見えるかのように。そんなある日突然、ミイが来なくなる。そうなるとなぜか気になり探し始めると、自分のほかにも、ミイを探している人たちがいることが分かる。皆、ミイに餌をやり、語りかけることで、どこか救われていた人たちだった。彼らとの交流の中で、森衣はなぜ自分がかたくなにミイを避けていたかに気づく。“居なくなってからでは伝えられない気持ち”を届けるため、森衣は必死でミイを探し始める――。

イッセー尾形が『太陽』以来9年ぶりの主演を務める『先生と迷い猫』が、10月10日(土)より全国にて公開する。イッセー尾形演じる主人公の森衣は、元中学の校長で近所でも有名なカタブツでヘンクツなおじいさん。その個性的かつ圧倒的な存在感を見事に演じ、唯一無二のキャラクターに作り上げている。共演には、染谷将太、北乃きい、ピエール瀧、もたいまさこ、岸本加世子ら個性豊かな実力派俳優たちが顔を揃え、ほっこりと温かく、猫と町と夫婦の愛を描いた作品に仕上がっている。

今回公開となったのは、もう一人(一匹)の主役とも言える猫のミイが、のどをごろごろと鳴らすのんびりとした雰囲気が漂う特報映像だ。



NHK朝ドラ「あまちゃん」で夏さんの飼い猫カツエ役でデビューした三毛猫ドロップ。人気バラエティー番組「ヨルタモリ」に出演中の彼女は、代役なしで全編演じ切るという、猫映画としてはおそらく史上初の試みに挑戦し見事な天才女優ぶりを発揮している。

猫が安心しているときに鳴らすのどの音は、思わずこっちまで安心してしまうような癒しを感じることがきる音だ。劇中に「ゴロゴロ声」が鳴り響くハートウォーミングな本作の雰囲気を、まずはこの映像からのぞいてみて。

『先生と迷い猫』は、10月10日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top