ザック・エフロン主演最新作&『ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール』ほか「映画に恋する3部作」上映決定

今年のフジロックにも参戦する「ベル&セバスチャン」のスチュアート・マードックが初監督を務める『ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール』。アラウンド20女子のハートをがっちりつかむ、『(500日)のサマー』のようなポップ&キュート

映画 洋画ニュース
「映画に恋する3部作」をシネマカリテにて上映
  • 「映画に恋する3部作」をシネマカリテにて上映
  • 『恋人まで1%』 (C)2013 AWOD Productions, LLC. All Rights Reserved/
  • 『ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール』- (C) FINDLAY PRODUCTIONS LIMITED 2012
  • 『ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール』 - (C) FINDLAY PRODUCTIONS LIMITED 2012
  • 『午後3時の女たち』 (C)2013 BY AFTERNOON DELIGHT, LLC ALL RIGHTS RESERVED
今年のフジロックにも参戦する「ベル&セバスチャン」のスチュアート・マードックが初監督を務める『ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール』。アラウンド20女子のハートをがっちりつかむ、『(500日)のサマー』のようなポップ&キュートな世界観で贈るミュージカルの本作に引き続き、ザック・エフロンがイマドキのアラサー男子を演じる『恋人まで1%』、クエンティン・タランティーノも絶賛する大人の映画『午後3時の女たち』が、「映画に恋する3部作」として順次公開されることになった。

まず、「映画に恋する3部作/アラウンド20」には、英国スコットランド・グラスゴーを舞台にしたポップなミュージカル映画『ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール』(8月1日公開)。いま日本の若者の間でも注目を集めているグラスゴー出身のバンド「ベル&セバスチャン」のフロントマン、スチュアート・マードックが、自身の同名ソロ・アルバムを元に脚本・監督を務めた。ウェス・アンダーソン監督作品や『(500日)のサマー』などにも通じるカラフル&ポップな世界観と音楽で、思春期特有の少女と少年の恋と痛みをビター&スイートに描き出していく。

また、<アラウンド30>に選出されたのは、「ハイスクール・ミュージカル」で人気を博し、『ペーパーボーイ 真夏の引力』などで演技への新たな開眼を見せたザック・エフロン主演作『恋人まで1%』(9月公開)。

ニューヨークを舞台に、女性と気軽なセックスのみの関係しか築けない主人公を演じたザックと、『セッション』で日本でも知名度急上昇のマイルズ・テラー、『クロニクル』『フロートベール駅で』の好演で注目を集めたマイケル・B・ジョーダンという、アラサー男3人組それぞれの恋模様を描く。

ザックの相手役を務めるのは、今年、「ミュウミュウ(Miu Miu)」広告の顔に選ばれ、ジミ・ヘンドリックスの黄金期を描いた『JIMI:栄光への軌跡』や、名匠ピーター・ボグダノヴィッチ監督の『シーズ・ファニー・ザット・ウェイ』に出演する英国の“ファッションアイコン”、イモージェン・プーツ。マイルズとマイケルはリブート版『ファンタスティック・フォー』の公開も控えており、まさに次世代のスター候補たちが集結した “NY式・イマドキラブコメディ”となっている。

さらに、<アラウンド40>には、ドラマ「昼顔」のような妖しい雰囲気のポスターが印象的な『午後3時の女たち』(11月公開)。ベン・スティラー主演『LIFE!』では主人公の妹、『なんちゃって家族』ではおせっかいでKYなカントリー主婦を演じたキャスリン・ハーンと、『マレフィセント』の妖精役や『ホーンズ 容疑者と告白の角』でダニエル・ラドクリフの恋人役を演じたジュノー・テンプルが繰り広げる、世代が違う女同士の“ふれあい”を描いた人間ドラマ。

あのクエンティン・タランティーノが『ブルージャスミン』『フランシス・ハ』とともに2013年のベストテン映画に入れた作品として注目を集め、サンダンス映画祭では「監督賞」も受賞。一見、何不自由ない生活を送っているように見えるが、実はセックスレスを抱えている主婦レイチェルが、少女のようなルックスで強烈な性的魅力を放つストリッパーと出会い、抑えていた欲望を解放させていく衝撃作。

それぞれ、等身大のリアルさをもって表現された<恋愛>がテーマの3部作。さて、あなたはどれを見る?

「映画に恋する3部作」
【アラウンド20】『ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール』は8月1日より新宿シネマカリテほか全国にて公開。
【アラウンド30】『恋人まで1%』は9月、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国にて公開。
【アラウンド40】『午後3時の女たち』は11月、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top