【カンヌ国際映画祭】浅野忠信、タキシード&坊主姿でカンヌ入り! 黒沢清監督『岸辺の旅』

現在開催中の第68回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門に正式招待された映画『岸辺の旅』。本作でメガホンを握る黒澤清監督、W主演で夫婦役を演じる深津絵里&浅野忠信がレッドカーペットと舞台挨拶に登場した。

映画
浅野忠信、深津絵里/『岸辺の旅』in 第68回カンヌ国際映画祭
  • 浅野忠信、深津絵里/『岸辺の旅』in 第68回カンヌ国際映画祭
  • 浅野忠信、深津絵里、 黒沢清監督/『岸辺の旅』in 第68回カンヌ国際映画祭
  • 浅野忠信、深津絵里/『岸辺の旅』in 第68回カンヌ国際映画祭
現在開催中の第68回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門に正式招待された映画『岸辺の旅』。本作でメガホンを握る 黒沢清監督、W主演で夫婦役を演じる深津絵里&浅野忠信がレッドカーペットと舞台挨拶に登場した。

2010年に発表された湯本香樹実の同名小説を、世界的名匠である黒沢清監督が映画化したもの。本作は、“死んだ夫との旅”を描く内容。3年前に失踪した夫の突然の帰還と「俺は死んだよ」という言葉。夫が過ごした最期の時間をめぐる、言えなかった「さようなら」を伝えるための夫婦ふたりの旅が始まる。日本映画界を代表する2人が初めて夫婦を演じる“究極のラブストーリー”だ。

背中が大きく開いた美しいブラックドレスに身を包んだ深津さんと長身を生かしたスマートなタキシードに丸坊主姿の浅野さんがレッドカーペットに登場すると、観客から大きな声援と共に、世界各国から集まった100台以上のカメラのフラッシュが一斉にたかれ、TVクルーたちからは「クロサワ! フカツ! アサノ!」のコールが巻き起こった。

公式上映終了後、場内では5分以上にもわたりスタンディングオベーションが沸き起こり、会場外でも感激した観客が3人を待ちうけさらに5分以上のスタンディングオベーションが続いたそう。初めてのカンヌ入りを果たした深津さんにとっても、感無量の体験となったようだ。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top