『ラブ&ピース』園子温、描き下ろし絵本が発売! 斎藤工&星野源からコメントも

長谷川博己と麻生久美子が出演する園子温監督待望のオリジナル作品『ラブ&ピース』。このほど、園監督が25年前の想いを綴った私小説が収録された本作の原作である監督描き下ろしの絵本が、5月27日(水) に発売されることが決定した。

映画 邦画ニュース
『ラブ&ピース』-(C) 「ラブ&ピース」製作委員会
  • 『ラブ&ピース』-(C) 「ラブ&ピース」製作委員会
  • 「ラブ&ピース」原作本
  • 長谷川博己『ラブ&ピース』-(C) 「ラブ&ピース」製作委員会
  • 麻生久美子『ラブ&ピース』-(C) 「ラブ&ピース」製作委員会
  • 『ラブ&ピース』-(C) 「ラブ&ピース」製作委員会
長谷川博己と麻生久美子が出演する園子温監督待望のオリジナル作品『ラブ&ピース』。このほど、園監督が25年前の想いを綴った私小説が収録される本作の原作描き下ろし絵本が、5月27日(水)に発売されることが決定した。

2015年、来る東京オリンピックに向けて湧く東京。うだつの上がらない日々を過ごすサラリーマン・鈴木良一(長谷川博己)。ある日、良一はデパートの屋上で一匹のミドリガメと目が合い、運命的なものを感じる。あきらめたロックミュージシャンへの道、まともに話せないが恋心を抱いている寺島裕子(麻生久美子)への想い…彼の人生を取り戻すのに必要な最後の欠片(ピース)、それが…そのミドリガメだった!

愛をテーマに描いた待望のオリジナル作品である本作は、園監督が自主映画を撮り始めた25年前に書いたシナリオが元となっている。今回発売が決定したのは、園監督本人描き下ろしの油絵などの力強い絵画に詩のような言葉がのった、鈴木良一とミドリガメのピカドンの出会いから始まるストーリーが展開される絵本。さらに、25年前、映画『ラブ&ピース』のシナリオを書き出した当時の自身を、主人公の鈴木良一に投影した私小説「鈴木良一の闇」も収録される。

今回の原作本発売にあてて、各界著名人からコメントが届いている。

■星野源(俳優・音楽家・文筆家)
詩を食べ映画を食べた園子温が、極彩色のうんこを撒き散らしながら絵本を食い尽くす

■Chim↑Pom(アーティスト)
天才は常に正しい。気付いたときには更に10年先に行っている。園子温はそれを証明し続ける

■斎藤工(俳優)
危ない! 自分はとっくに“東京”に浸食されていた! 危ない! 園さんが“本当”を教えてくれた

「いまから25年前、全力で歯ぎしりしていたあの頃の事は、あまり思い出すことはない。高円寺の薄暗い四畳半アパートの裸電球に照らされたこたつのテーブル。それからアルバイト先の管理室の薄暗いちゃぶ台。そこで、オレは映画『ラブ&ピース』のシナリオを書き始めた」という「鈴木良一の闇」の一節からも分かるように、本作は園監督にとってかなりパーソナルな内容であることが窺える。“天才”とも称される園監督の素顔に触れることが出来るかもしれない本作を、ぜひチェックしてみて。

『ラブ&ピース』は6月27日(土)よりTOHOシネマズ新宿ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top