安住紳一郎&仲間由紀恵、2年連続「レコ大」司会に決定!

TBSが贈る年末恒例の音楽番組「日本レコード大賞」。第57回となる今年も年末に新国立劇場から生放送することが決定。そして今回総合司会には、昨年に引き続きTBSアナウンサー

最新ニュース スクープ
(C)TBS
  • (C)TBS
  • 仲間由紀恵/「第56回輝く!日本レコード大賞」記者会見
TBSが贈る年末恒例の音楽番組「日本レコード大賞」。第57回となる今年も年末に新国立劇場から生放送されることが決定。そして総合司会を、昨年に引き続きTBSアナウンサー安住紳一郎と仲間由紀恵のコンビで務めることが明らかとなった。これに併せて各賞の受賞アーティストも発表された。

今年も年末の12月30日(水)に東京・新国立劇場より生放送される「レコード大賞」。昨年は平均15.6%の高視聴率を記録し、ますます勢いをみせている。2年連続2回目の司会となる仲間さんは、今年、故・森光子の後を継ぎ舞台「放浪記」で主人公を演じるなどドラマ、映画など数多くの作品に出演する日本を代表する女優のひとりだ。

そんな仲間さんは「この度、2年連続で『日本レコード大賞』の司会という大役を頂き、大変光栄に思っております。昨年と同じく安住アナウンサーと番組進行をご一緒できると伺い、とても楽しみです」と喜びを語り、「1年の日本の音楽シーンの集大成となる、華やかな音楽の祭典を盛り上げられるように、昨年の経験を活かして精一杯頑張ります」と司会への意気込みもみせている。

一方、4年連続4度目の総合司会を担当する安住さんは、「ぴったんこカン・カン」や「新・情報7daysニュースキャスター」などバラエティから報道まであらゆるジャンルの番組を担当し、今や欠かすことのできない男性アナウンサーのひとり。本番組では、2001年から11年間、進行アナウンサーを務めた経験も持っている。そんな安住さんも「アナウンサーとして年末のこの式典の司会をすることは至上の興奮です。仲間さんとアイディアを出し合って歌の輝きを存分にお伝えして参ります」とコメントを寄せた。

また、今年の大賞候補となる優秀作品賞には、「三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE」、西内まりや、「AAA」を含めた今年活躍したアーティスト10組ほか、最優秀アルバム賞に「サザンオールスターズ」、さらに松田聖子(最優秀歌唱賞)、福山雅治(特別賞)、つんく♂(作曲賞)などが決定している。

昨年の好評ぶりに応え、引き続き総合司会を務めることが実現した2人。出演アーティストからも絶大な信頼を寄せられている安住さんと、2年連続で今年最も輝いた音楽に華を添える仲間さん。今年も2人の掛け合いや、見事な進行ぶりに期待をしたい。

「第57回輝く!日本レコード大賞」は12月30日(火)TBSにて生放送。
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top