伊藤英明×木村佳乃、3度目の共演で初の夫婦役!「ヤバイ視聴率をとりたい」

最新ニュース

「ストロベリーナイト」や「ようこそ、わが家へ」などの脚本を務める黒岩勉が書き下ろした“大人の男と女の心理サスペンス”「僕のヤバイ妻」が4月に放送されることが決定。さらに主演には伊藤英明、ヒロインに木村佳乃が出演し、そのほか相武紗季、佐藤隆太、宮迫博之らも集結した。

家庭生活の息苦しさに耐えきれず、妻を殺そうと決意した夫。しかし、帰宅してみると妻は血痕を残し、姿を消していた。想定外の誘拐事件に翻弄され、追い詰められる夫。自分が気づいていなかった妻の愛情を知り、夫は改心する。お金より何より、妻に無事に帰ってきてほしい。でも彼は何もわかっていなかった。事件の真相も、妻の本当の姿も。やがて誘拐騒動は殺人事件へと派生し、周囲の人間をも巻き込み思いもよらぬ方向へと展開してゆく。清楚で貞淑だった妻の恐ろしい正体を知ることになる夫。誰も信じられず、逃げようとしても絡め取られ、追い詰められながら、夫は考える。なぜ妻はここまで自分を苦しめるのか? 妻の真の目的は何なのか? そして、ついに明らかになる真相。その時、夫がくだす決断とは? この夫婦がむかえる結末とは――。

本作は、「ストロベリーナイト」「dinner」「すべてがFになる」「ようこそ、わが家へ」など数々のドラマの脚本を手掛け世に送り出す黒岩氏が、今回は自身のオリジナルで書き下ろしている。夫が妻の持つ恐ろしい一面を知り、妻から解放されるため、殺そうとまで考えるが、激しいコンゲームを繰り広げたのち、最後に夫は、妻の行動がすべて“自分への愛”ゆえだと知る。そして、お互いの欠点も恥辱もさらした二人が、最後に互いを受け入れ、“死が二人を分かつまで添い遂げる”真の夫婦となる姿を描いている。

主人公の“妻に翻弄されもがく夫”望月幸平を演じるのは、フジテレビ連ドラ主演3作目となる伊藤さん。妻への愛は冷め不倫相手と殺害計画を企てる役どころだ。そしてその美しき“ヤバ妻”真理亜を演じるのは、伊藤さんとは共演3回目となる木村さんが好演する。熱血男や狂気的なサイコパスなど演技の幅をみせる伊藤さんは「黒岩さんのヤバイくらい面白い台本で、ヤバイ夫を演じてみようと思いました。ヤバイ妻の木村さんとは、がっつり夫婦役は初めてですが、他のヤバイ共演者の皆さんと共にヤバイドラマをお届けし、ヤバイ視聴率をとりたいと思います」と熱いコメントを寄せている。また伊藤さんとは3度目の共演にして初の夫婦役として出演する木村さんは「頼りになるお兄さんです。長いお付き合いでお互い気心も知れてると思いますので、新しい夫婦像を築き上げられるのでは? と期待しています」と伊藤さんについてコメントした。さらに複雑で魅力的な今回の役どころについては「ただ怖いだけではない、何処かにふと、愛情を感じてもらえるように演じられればと思います」とも語った。

そのほか共演者には、幸平の不倫相手・北里杏南役に相武さんが、真理亜とは異なる野心溢れる悪女を演じる。そして幸平を疑い事件を追う刑事・相馬誠一郎役には『海猿』での共演が記憶に残る佐藤さん、相馬の部下で相棒の新米刑事役には若手イケメン俳優の浅香航大、真理亜とつながりを持ち幸平の前に現れる謎の男には眞島秀和。また望月家を覗き見るのを密かな楽しみとし、親切だがワケありげなご近所夫婦にはキムラ緑子と高橋一生、そして幸平の元・義兄で誘拐事件の真相を探る興信所の調査員役に宮迫さんが出演し、実力ともに豪華な顔ぶれが揃っている。

木村さん演じる真理亜が“危険でヤバイ妻”から“いい女すぎてヤバイ”までどんどんと変わっていくという本作。二人が一体どういった夫婦を演じるのか、ドキドキハラハラするというその展開に期待したい。

「僕のヤバイ妻」は4月期毎週火曜日22時~フジテレビ系にて放送予定。
《cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

特集

page top