ハリウッドザコシショウ、まさかのひとり芸の頂点に!「R-1ぐらんぷり」初優勝

とにかく面白いひとり芸日本一を決定する「Cygames R-1ぐらんぷり2016」の決勝大会が6日(日)、東京・台場のフジテレビ本社で行われ、地下芸人のハリウッドザコシショウが3,786人の頂点に立った。…

最新ニュース
ハリウッドザコシショウ/「Cygames R-1ぐらんぷり2016」決勝大会
  • ハリウッドザコシショウ/「Cygames R-1ぐらんぷり2016」決勝大会
  • ハリウッドザコシショウ/「Cygames R-1ぐらんぷり2016」決勝大会
  • ハリウッドザコシショウ/「Cygames R-1ぐらんぷり2016」決勝大会
  • ハリウッドザコシショウ/「Cygames R-1ぐらんぷり2016」決勝大会
とにかく面白いひとり芸日本一を決定する「Cygames R-1ぐらんぷり2016」の決勝大会が6日(日)、東京・台場のフジテレビ本社で行われ、地下芸人のハリウッドザコシショウが3,786人の頂点に立った。優勝が決まった瞬間にザコシショウさんは「本当すか? マジっすか? めちゃ嬉しい。おっしゃー!」とえずきながら涙目で喜びを噛みしめた。

第14回大会となる今回は、過去最多の3,786人がエントリー。決勝にコマを進めたのは、エハラマサヒロ、小島よしお、シャンプーハットこいで、ハリウッドザコシショウ、おいでやす小田、横澤夏子、厚切りジェイソン、ゆりやんレトリィバァ、とにかく明るい安村、サンシャイン池崎、ルシファー吉岡、マツモトクラブの全12名。審査は、関根勤、間寛平、清水ミチコ、ヒロミ、板尾創路らの審査員票と視聴者による「お茶の間d投票」で行われた。優勝者には、賞金500万円と全国ネット冠番組権などが授与される。

ザコシショウさんは、小島さんとユリアンさんとの最終決戦で、黒いパンツ一枚の姿で似ていないモノマネを更に激しくまねるネタを披露し、最高得点で優勝。同大会11回目の挑戦で念願の初優勝となったザコシショウさんは「去年は白ブリーフで出て3回戦で落とされた。汚いからかと思ってメディア対応用に黒にした。これが勝因」と黒パンツに感謝しきりで「賞金500万円で黒パンツを2兆枚買いたい」と笑わせた。

お笑いだけでは生活できないために、水道検針のアルバイトをしているというが「これを機にバイトを辞めるのが長年の夢だった。この歳になってわけのわからないおじさんに怒られるのが嫌。検針中に“何やってんだお前!”と面と向かって怒られるのがストレスだった」と苦節を伺わせた。さらに今年の6月には双子が誕生予定と明かし「今年はついている。嬉しい事がいっぱいあった」と声を弾ませ「優勝したよ~! バイトも辞めるよ~! 子供もお金があるから産んでいいよ~!」と絶叫した。

これまで支えてきた妻には「稼ぎも少なく、美味しいものも食べさせられなかったので、豪華なところに連れて行きたい。(副賞の旅券で)ニューカレドニアに行きつつ、豪勢な飯を食べさせたい」とメッセージ。それでも番組ロケなどで挑戦したい事を聞かれると「木村拓哉さん、森進一さん、長渕剛さんの前でネタのモノマネをやりたい。怒られるか受け入れてくれるのか試したい」と、尖った笑いで今後も進むことを宣言した。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top