【予告編】童心に返る…『冬冬の夏休み』『恋恋風塵』鮮やかなデジタル映像で解禁

韓流・華流

『黒衣の刺客』『悲情城市』などで知られるホウ・シャオシェン(侯孝賢)監督による、自伝的青春シリーズ不朽の名作『冬冬の夏休み』(’84)『恋恋風塵』(’87)のデジタル・リマスター版が、5月21日(土)より渋谷ユーロスペースを皮切りに全国で公開される。このほど、誰もが童心に返り、初恋にキュンとするこの2作が、美しいデジタル映像で蘇った予告編が解禁となった。

ホウ・シャオシェン監督の、子どもから大人への成長を追う“青春4部作”において、少年期を担う『冬冬の夏休み』は、厳しい祖父の住む田舎でひと夏を過ごす幼い兄妹トントンとティンティンを通じて、自然の美しさや子どもたちの友情をみずみずしく描く物語。美しい田園風景の中で、追憶のアルバムを開くように観る者すべてを“あの頃”に返す珠玉の1作として高い人気を誇っている。

また、『恋恋風塵』は、幼いころから兄妹のように育った少年ワンと少女ホンの淡く純粋な恋と別れを描く。10代の2人の、恋と呼ぶにはあまりに近しく、優しい心模様を抑制のきいた映像で映し出し、青春シリーズのラストを飾る。

このたび解禁された予告編では、状態の悪いネガプリントから完全修復される過程が“Before”“After”で再現され、風景や人物の表情に至る細部が鮮やかに蘇っていく、両作の世界初のデジタル・リマスター版映像を垣間見ることができる。

元気に駆け回る子どもたちが、おもちゃを競って“亀レース”に興じる様子や、パンツ1枚で飛び跳ねる川原での水泳、どれも熱中している姿が愛らしく、カメラの存在を感じさせない生き生きとしたリアリティにあふれている。トントンたちが駆け回る台湾西北部ののどかな田園地帯、ワンやホンの故郷である鉱山の町・九フンの風景が切り取られ、当時の人々の息づかいまでも聞こえてきそうな情景が、30年の時を経て、見事に蘇っている。


『黒衣の刺客』で第68回カンヌ国際映画祭「監督賞」を受賞したことも記憶に新しいホウ・シャオシェン監督が、1980年代、台湾映画界の新潮流である“台湾ニューシネマ(新電影)”の一翼を担った傑作2作。子ども時代、青春時代に想いを馳せながら、日台の協力により美しく蘇った映像をスクリーンで堪能してみて。

『冬冬の夏休み』『恋恋風塵』は5月21日(土)よりユーロスペースにて2週間限定公開後、全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

特集

page top