林遣都、漫才シーンの撮影に「幸せが不安に勝りました」  「火花」現場潜入

人気お笑いコンビ「ピース」の又吉直樹によるベストセラー小説を、オンラインストリーミングサービスのNetflixが自社オリジナルドラマとして映像化する「火花」。昨年11月のクランクインから約4カ月にわたって撮影が行われ、…

最新ニュース
Netflixオリジナルドラマ「火花」 (C) Netflix. All Rights Reserved.
  • Netflixオリジナルドラマ「火花」 (C) Netflix. All Rights Reserved.
  • Netflixオリジナルドラマ「火花」 (C) Netflix. All Rights Reserved.
  • 「火花」ドラマ化のキャスト陣
  • 「火花」(C)2016YDクリエイション Netflixオリジナルドラマ「火花」 2016年春オンラインストリーミング予定
  • 「火花」(C) Netflix. All Rights Reserved.
  • 「火花」(C) Netflix. All Rights Reserved.
  • 「火花」(C) Netflix. All Rights Reserved.
  • 「火花」(C) Netflix. All Rights Reserved.
人気お笑いコンビ「ピース」の又吉直樹によるベストセラー小説を、オンラインストリーミングサービスのNetflixが自社オリジナルドラマとして映像化する「火花」。昨年11月のクランクインから約4か月にわたって撮影が行われ、先頃そのクランクアップも報告された本作だが、去る2月某日、クライマックスの撮影が行われる現場を目にすることができた。

第153回芥川賞にも輝いた「火花」は、売れないお笑い芸人の先輩後輩2人が夢と現実のギャップに揉まれながら、自らの道を貫こうともがく青春ストーリー。その後輩芸人にあたる主人公・徳永を林遣都が、天才肌の先輩芸人・神谷を波岡一喜が演じる。

撮影が行われていた場所は、都内の劇場・神保町花月。若手芸人の活躍の場としても知られる同劇場に、徳永が組むお笑いコンビ「スパークス」のライブシーンに挑む林さん、そして客席から後輩の舞台を見守る神谷役・波岡さんの姿があった。

観客役のエキストラが場内を埋め尽くす中、林さんは相方役の好井まさお(井下好井)と共に軽快な漫才を披露。その冒頭からラストまでが、一連で撮影されていく。「基本的に、漫才シーンはワンカットで撮っていただくんです。演じる側としての流れ、ノリ、反応のどれを考えても、すごくありがたいことです」と、自身の漫才シーンも振り返りながら解説してくれる波岡さん。「大事なシーンですし、緊張していると思いますよ」と舞台上の林さんに理解を示す顔は、先輩芸人そのもののようだった。

そんな中、熱演で応えた林さんは、「あまりにも好井さんが緊張していたので、僕は逆に冷静になってしまいました(笑)。台本を読んだときはやっぱり、“漫才シーンをどうやって演じよう?”と悩みましたが、実際に演じさせてもらえる幸せが不安に勝りました。あとは、今までやってきたことを信じてやるのみでしたね。とは言え、昨日の晩は、舞台の袖で本番をひたすら待つ悪夢をずっと見続けていましたけど(苦笑)」と撮影前日のほろ苦いエピソードまで披露。だが、その顔には漫才シーンを演じ切った満足感がにじんでいた。

劇中の徳永は神谷を師と仰ぎ、神谷は徳永に笑いの哲学を伝授しようとするが、演じる林さんと波岡さんも息はぴったり。「波岡さんと初めてお会いしたのは僕が16~7歳の頃でしたが、今回の撮影でもっと波岡さんに近づけた気がします。いろいろなことを教えてくれる波岡さんの姿が、神谷さんの役ともリンクしますね」と林さん。「僕は自分のことを棚に上げて駄目出しをしたり(笑)、すごいなと思ったときは褒めたりするんですが、最近は遣都のことを褒めっぱなしです」と波岡さんも目を細める。

『余命1ヶ月の花嫁』『甥の一生』などの廣木隆一が総監督を務めるほか、『凶悪』の白石和彌、『南極料理人』の沖田修一らが各話の監督として参加。全10話の連続ドラマではあるが、林さんも波岡さんも「連続ドラマではなく、長い映画を撮影している感覚」と口を揃え、映画界の名匠たちが集結した環境を喜ぶ。「廣木さんという柱がありながら、“凶悪テイスト”があったり、“料理人テイスト”があったり(笑)。贅沢だし、めちゃくちゃ面白いですよ」と締めくくる波岡さん。キャストたちが楽しみながら撮影に臨んでいることも、作品の味わいにつながるだろう。出来上がりが観られる日を、楽しみに待ちたい。
《text:Hikaru Watanabe》

関連ニュース

特集

page top