妻夫木聡、初挑戦のピアノを披露『家族はつらいよ』劇中写真到着

名匠・山田洋次監督のもと、2013年の『東京家族』のキャスト8人が再集結し、東京郊外に住む一家を通じて現代の家族の姿を描き出す『家族はつらいよ』。このほど、本作でピアノに初挑戦した“次男”妻夫木聡の

映画
妻夫木聡×蒼井優/『家族はつらいよ』-(C) 2016「家族はつらいよ」製作委員会
  • 妻夫木聡×蒼井優/『家族はつらいよ』-(C) 2016「家族はつらいよ」製作委員会
  • 妻夫木聡×蒼井優/『家族はつらいよ』-(C) 2016「家族はつらいよ」製作委員会
  • 『家族はつらいよ』(C)2016「家族はつらいよ」製作委員会
  • 『家族はつらいよ』-(C) 2016「家族はつらいよ」製作委員会
  • 『家族はつらいよ』(C)2016「家族はつらいよ」製作委員会
  • 『家族はつらいよ』(C)2016「家族はつらいよ」製作委員会
  • 『家族はつらいよ』(C)2016「家族はつらいよ」製作委員会
名匠・山田洋次監督のもと、2013年の『東京家族』のキャスト8人が再集結し、東京郊外に住む一家を通じて現代の家族の姿を描き出す『家族はつらいよ』。このほど、本作でピアノに初挑戦した“次男”妻夫木聡の劇中写真が、シネマカフェに到着。蒼井優演じる恋人にプロポーズをする直前のシーンであることが明らかとなった。

50年以上にわたり、その時代に生きる“家族”を撮り続けてきた山田監督が、『男はつらいよ』シリーズ終了から20年の時を経て、改めていまの“家族”を喜劇で描き出した本作。橋爪功×吉行和子が“離婚危機”に瀕する熟年夫婦を演じ、絶妙なコンビネーションを見せるほか、長男夫婦に西村雅彦×夏川結衣、長女夫婦に中嶋朋子×林家正蔵、次男カップルに妻夫木さん×蒼井さんと、山田監督が「最高のアンサンブル」と太鼓判を押す『東京家族』のキャストが再結集した。

今回WEB初公開となったのは、妻夫木さん演じる平田家の次男、庄太が華麗にピアノを弾く姿を収めた劇中写真。平田家に突然降りかかった、まさかの“熟年離婚”騒動をコミカルに描いた本作で、別れの危機に瀕する夫婦の一方、これから夫婦となる若いカップルが、庄太と、蒼井さん演じるその恋人・憲子だ。

庄太は、平田家の緩衝材のような存在として、いまだ実家暮らしを続けているピアノ調律師。どこか頼りない彼も、ついに交際を続けていた憲子へのプロポーズを決意する。今回の写真は、その庄太が一世一代のプロポーズをする直前にピアノを演奏するシーンで、仕事先のコンサートホールに憲子を呼びだし、自ら調律したピアノでショパンを弾いた彼は、ずっと言えなかった大切な言葉をこの後、伝えることに…。

華麗にピアノを弾く妻夫木さんの演技が光るこの素敵なシーン、実は撮影当初、庄太の職業は“ピアノの調律師”ではなく、なんと“大道具のスタッフ”だったという。衣装合わせや本読みを行ない、庄太の出番が始まる少し前まで撮影が進んでいた最中、山田監督が家族全体のバランスを再考。全ての設定を練り直した結果、庄太の職業が“大道具のスタッフ”から“ピアノの調律師”に変更になった。

さらに、ピアノ経験のない妻夫木さんに、「調律の芝居の後に、ショパンのノクターンを少し弾いてもらいたい」と山田監督からまさかのリクエストが。妻夫木さんはその要望に応えるべく、すぐさま現場にピアノを取り寄せ、練習を開始。1か月半の猛特訓の甲斐あって、本番では難しいショパンの演奏を見事に弾きこなしていたという。そんな妻夫木さんの姿に、自ら難しい課題を与えた山田監督も「大したもんだ」と絶賛。彼の役者魂を感じさせるエピソードとなっている。

『家族はつらいよ』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top