“イタリアの大竹しのぶ”!? 巨匠に愛される『母よ、』マルゲリータ・ブイに注目

映画

マルゲリータ・ブイ/『母よ、』 - (C) Sacher Film . Fandango . Le Pacte . ARTE France Cinema 2015
  • マルゲリータ・ブイ/『母よ、』 - (C) Sacher Film . Fandango . Le Pacte . ARTE France Cinema 2015
  • マルゲリータ・ブイ&ナンニ・モレッティ/『母よ、』 - (C) Sacher Film . Fandango . Le Pacte . ARTE France Cinema 2015
  • マルゲリータ・ブイ/『母よ、』 - (C) Sacher Film . Fandango . Le Pacte . ARTE France Cinema 2015
  • 『母よ、』 - (C) Sacher Film . Fandango . Le Pacte . ARTE France Cinema 2015
  • 『母よ、』 - (C) Sacher Film . Fandango . Le Pacte . ARTE France Cinema 2015
  • 『母よ、』 - (C) Sacher Film . Fandango . Le Pacte . ARTE France Cinema 2015
『ローマ法王の休日』『息子の部屋』などで知られるイタリアの巨匠ナンニ・モレッティ監督が、自身の体験を基に、すべての人にいつか必ず訪れる“親の死”という普遍的なテーマを描き出す『母よ、』。本作で、モレッティ自身を投影させた主人公の女性映画監督を演じたマルゲリータ・ブイは、“イタリア映画界のアカデミー賞”といわれる「ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞」主演女優賞を実に7度も受賞している超・実力派であることが分かった。

映画監督のマルゲリータは、恋人ヴィットリオと別れ、娘リヴィアの進路問題も気になっている。さらに、兄(ナンニ・モレッティ)と共に入院中の母親・アダの世話をしながら、新作映画の撮影に取り組んでいるが、アメリカから呼び寄せた人気俳優バリー・バギンズ(ジョン・タトゥーロ)が参加した途端、思うように撮影が進まなくなり、大きなストレスを抱えるように。そんな中、マルゲリータは病院から母親の余命宣告を受けてしまう。何の助けにもなれない自分を嘆き、母が研究や仕事に捧げた年月が死によって無になると悲しむマルゲリータ。しかし、母はある“贈りもの”を遺してくれていた――。

モレッティ監督が『ローマ法王の休日』以来、4年ぶりに手がけた本作は、前作『ローマ法王の休日』の製作中に最愛の母を亡くした経験から生まれた自叙伝的作品。2015年カンヌ国際映画祭コンペディション部門に出品され「エキュメニカル審査員賞」を受賞したほか、フランスの映画雑誌「カイエ・デュ・シネマ誌」の2015年ベスト1にも輝き、世界各国で高い評価を受けている。

そんな本作で、モレッティがこれまでのように自分自身で主演を務めるのではなく、主人公の座を託したのがマルゲリータ・ブイだ。1962年生まれの54歳。1990年にイタリアの有名舞台の映画化『殺意のサン・マルコ駅』でデビューし、その後、『心のおもむくまま』(’95)、『もうひとつの世界(’98/未)、『イタリア的、恋愛マニュアル』(’05)、『題名のない子守唄』(’06)、『ローマの休日で~我ら佳き日々~』(’12)など幅広い作品に出演。なかでも、彼女の代表作として知られているのが2013年に公開された『はじまりは5つ星ホテルから』(’13)だろう。5つ星ホテルのクオリティを評価する覆面調査員の女性が、自分の生き方を見つめ直し、新たな人生の一歩を踏み出す姿を描いたドラマで、マルゲリータ・ブイは華やかなキャリアウーマンを演じ、話題となった。

また、本作以外にも『ローマ法王の休日』や『夫婦の危機』とモレッティ監督作品の常連でもある。本作の主演にはマルゲリータ・ブイを強く希望したというモレッティ監督は、「主人公は女性の監督という設定にして、演じてもらうならマルゲリータ・ブイがいいだろうと考えていました。理由はとても単純で、私が主役を演じるよりマルゲリータ・ブイが主役のほうがはるかにいい映画になるからです」と語っており、絶大な信頼を寄せていることが分かる。

確かな演技力で、どんな役でも変幻自在に演じてしまう彼女は、日本で言うところの大竹しのぶのような存在の実力派。母を看取らなければならない娘、仕事に向き合うキャリアウーマン、年ごろの娘を抱えた母など、さまざまな女性の姿を体現する本作の彼女にも、ぜひ注目してみて。

『母よ、』はBunkamuraル・シネマ、新宿シネマカリテほかにて全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top