「真田丸」でも話題!高木渉、『ヘイル、シーザー!』予告編でナレーターに

ジョージ・クルーニー、ジョシュ・ブローリン、スカーレット・ヨハンソン、チャニング・テイタムら超豪華キャスト&コーエン兄弟で贈る最新作『ヘイル、シーザー!』。このほど、その予告編ナレーターを、NHK大河ドラマ「真田丸」への出演でいま大注目の俳優

映画
高木渉/『ヘイル、シーザー!』 (C) Universal Pictures
  • 高木渉/『ヘイル、シーザー!』 (C) Universal Pictures
  • ジョシュ・ブローリン&スカーレット・ヨハンソン/『ヘイル、シーザー!』 (C) Universal Pictures
  • ジョージ・クルーニー/『ヘイル、シーザー!』 (C) Universal Pictures
  • チャニング・テイタム/『ヘイル、シーザー!』 (C) Universal Pictures
  • ジョシュ・ブローリン&ティルダ・スウィントン/『ヘイル、シーザー!』 (C) Universal Pictures
  • 『ヘイル、シーザー!』(C) Universal Pictures
  • 『ヘイル、シーザー!』(C) Universal Pictures
  • 『ヘイル、シーザー!』(C) Universal Pictures
ジョージ・クルーニー、ジョシュ・ブローリン、スカーレット・ヨハンソン、チャニング・テイタムら超豪華キャスト&コーエン兄弟で贈る最新作『ヘイル、シーザー!』。このほど、その予告編ナレーターを、NHK大河ドラマ「真田丸」への出演でいま大注目の俳優で声優の高木渉であることが明かされ、高木さんからコメントが到着した。

1950年代、ハリウッドが“夢”を作り世界に贈り届けていた時代。スタジオの命運を賭けた超大作映画「ヘイル、シーザー!」の撮影中に、主演俳優であり世界的大スターのウィットロック(ジョージ・クルーニー)が姿を消した!? 撮影スタジオが大混乱に陥る中、事件解決への白羽の矢を立てられたのは “スタジオの何でも屋”(ジョシュ・ブローリン)。彼はスター俳優を探し出すことができるのか!?

主役級の超豪華スターが集い、アカデミー賞受賞監督コーエン兄弟の華麗なる集大成ともいうべき最新作となる本作。

先日解禁された本作の予告映像は、SNS上でもゴージャスだと大好評。実は、そのナレーションを務めているのが、「名探偵コナン」(小嶋元太、高木刑事)、「ゲゲゲの鬼太郎」(第5作/ねずみ男)の声で知られる高木渉だ。現在は声優業に留まらず、俳優としても活躍中で「連続人形活劇 新・三銃士」に初登場してからというもの、舞台「桜の園」や人形劇「シャーロックホームズ」といった三谷幸喜作品に立て続けに出演。現在放送中のNHK大河ドラマ「真田丸」では、主人公・真田信繁(後の幸村/堺雅人)の義兄・小山田茂誠役でドラマ初出演。第1話放送後には「高木渉」の名前が検索サイトやSNSの検索ワードとして急上昇するなど、大反響を呼んだ。


今回、本作の日本版予告を制作するにあたり、古き良きハリウッドを舞台にスターが続々登場する、最高にゴージャスな映像引けを取らずにナレーター役としてしっかり演じることのできる“声の主”として、高木さんに白羽の矢が立った。声優を務めているときの声とはまたひと味違った抑制した大人の声で、本作の華やかなストーリーをしっかりと伝えている。この予告映像には、豪華キャストが織りなすサスペンス・コメディのイメージと高木さんの声が見事にマッチングしており、「三谷作品っぽい!」という声が続々寄せられている。

さらに、高木さんからは本作について、見せ場の多さや会話のセンスなどを絶賛するコメントが到着。「個人的にはぜひとも吹き替え版に挑戦してみたい」と役者魂に火がついた様子だ。改めて予告編映像から、高木さんのナレーションを堪能してみては?

『ヘイル、シーザー!』は5月13日(金) よりTOHOシネマズ シャンテほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top