TOKIO長瀬、地獄の鬼メイクでメトロック登場も神木隆之介は「サカナクション見に来た」

最新ニュース

清野菜名&神木隆之介&桐谷健太/「TOKYO METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2016」
  • 清野菜名&神木隆之介&桐谷健太/「TOKYO METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2016」
  • 神木隆之介/「TOKYO METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2016」
  • 桐谷健太/「TOKYO METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2016」
  • 清野菜名/「TOKYO METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2016」
映画『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』の中で長瀬智也(TOKIO)、神木隆之介、桐谷健太、清野菜名が組んだロックバンド「地獄図(ヘルズ)」が5月21日(土)、野外ロックフェス「TOKYO METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2016」でオープニングを飾った。

バス事故で17歳で死んでしまい、地獄に堕ちた高校生が、地獄の鬼たちとロックバンドを組むという奇想天外な物語が展開する本作だが、このバンド「地獄図」が現実のロックフェスに登場!

長瀬さん、神木さん、桐谷さん、清野さんらメンバーは、地獄の鬼たちを引き連れて、ステージに登場し大歓声を浴びたが、全員、映画の中の役衣裳ということもあり、爽やかな制服姿の神木さん以外、長瀬さん、桐谷さん、清野さんは完全に鬼のメイクを施し、一見、誰だかわからない状態に…。

長瀬さんが、歓声が足りないとばかりに、耳に手を当てて観客を煽ると会場はさらにヒートアップ! 長瀬さんは開口一番「地獄へようこそ!」とシャウトし、観客はこれに大歓声で応えた。

長瀬さんがヴォーカル&ギター、神木さんがギター、桐谷さんがドラム、清野さんがベースで主題歌「TOO YOUNG TO DIE!」を披露し、会場を興奮に包む。途中、長瀬さんは「地獄から、METROCKを盛り上げるために日帰りで来たぜ!」と語り、間奏でバンドメンバーを紹介。ドラムの桐谷さんは、興奮のあまりスティックを振り回したままドラムのボックスを離れるが、それでもなぜかドラムは響き続け、“エアドラム”であることをあっさり露呈するも、場内は大爆笑に包まれた。

長瀬さんをはじめ、シャウト調の自己紹介が続く中、神木さんだけは落ち着いた飄々とした口調で「みなさん、関大介(※役名)です。なんか、すいません。今日はサカナクションを見に来まして…。高橋優も好きなんですけど、移動とかあるのでうまくできたらいいなと思ってます」と挨拶し、アリーナからは「かわいい!」と歓声が飛ぶ。

さらに神木さんは「ぶっちゃけ、映画の宣伝で来ました。6月25日(土)、6月25日(土)公開です。ハイ以上! 長瀬くん」と返し、長瀬さんが「Mother Fu××er!!」と絶叫! 会場は笑いと歓声に包まれた。

演奏を終え、長瀬さんは「Thank you! METROCK! 地獄の映画館で待ってるぜ!」と言い残してステージを後にし、オープニングアクトの大役を見事にこなし、会場を大いに盛り上げた。

『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』は6月25日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top