【特別映像】エズラ・ミラーの“ハリポタ熱”が止まらない!ガチのマニアが魔法史を語る

大ヒットスタートを切り、まさに日本中を魔法にかけた『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』。このほど、“筋金入りの「ハリポタ」マニア”を公言してやまない謎の青年クリーデンスを演じるエズラ・ミラー

映画
『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(C) 2016 Warner Bros. Ent.  All Rights Reserved.Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C) JKR.
  • 『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(C) 2016 Warner Bros. Ent.  All Rights Reserved.Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C) JKR.
  • 『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(C) 2016 Warner Bros. Ent.  All Rights Reserved.Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C) JKR.
  • 『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(C) 2016 Warner Bros. Ent.  All Rights Reserved.Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C) JKR.
  • 『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(C) 2016 Warner Bros. Ent.  All Rights Reserved.Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C) JKR.
  • 『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(C) 2016 Warner Bros. Ent.  All Rights Reserved.Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C) JKR.
  • 『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(C) 2016 Warner Bros. Ent.  All Rights Reserved.Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C) JKR.
  • 『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(C) 2016 Warner Bros. Ent.  All Rights Reserved.Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C) JKR.
  • 『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(C) 2016 Warner Bros. Ent.  All Rights Reserved.Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C) JKR.
大ヒットスタートを切り、まさに日本中を魔法にかけた『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』。このほど、“筋金入りの「ハリポタ」マニア”を公言してやまない謎の青年クリーデンスを演じるエズラ・ミラーが、『ハリポタ』と『ファンタビ』の関わりをアツく語る特別映像がシネマカフェだけに到着。魔法史を分かりやすくも、やや興奮気味に語るエズラの姿に、思わず心を鷲づかみにされてしまう映像となっている。

新・主人公の人見知りの魔法使いニュート・スキャマンダー(エディ・レッドメイン)は、ハリー・ポッターが在籍したホグワーツ魔法魔術学校の先輩で、動物といる方が気が楽な魔法動物学者。ある日、ニューヨークにやってきたニュートの魔法動物でイッパイのトランクが、人間(マグル=米国ではノー・マジ)のものと取り違えられてしまった! 魔法動物たちは人間の世界へ逃げ出し、街中が前代未聞のパニックに。そのころ、ニューヨークの街では地割れや建物の倒壊など危険な現象が相次ぎ、「魔女のせいだ」と騒ぎ立てるノー・マジの集団が出現、アメリカの魔法界はピリピリした空気に包まれていた――。

そんなノー・マジの集団の激しい活動に没頭しているメアリー・ルー(サマンサ・モートン)の養子クリーデンスを演じたエズラ。「僕は7歳のころから、J.K.ローリングが描く魔法の世界に夢中だ。だから、あの魔法を大人の物語に持ち込むと聞いたときは、ものすごく興奮したよ」と語る。「ハリー・ポッター」のオーディオブックをテープが擦り切れるまで聞くほど、人生のほとんどすべてを「ハリポタ」に捧げてきた彼は、スケールアップした魔法の世界に興奮を隠しきれない。さらに、起用が決まった際には、「ホグワーツから入学の手紙が届いたみたいだったよ!」と“「ハリポタ」マニア”らしく、その喜びを表現していた。

今回到着した映像では、「この物語はグリンデルバルドの台頭と関係があるかも」と語り、魔法界の歴史上、最凶最悪の闇の魔法使いであるヴォルデモートと並ぶ魔力を持つグリンデルバルドと本作の関係を推測する。かつて、あのダンブルドアとも関わりがあったグリンデルバルド。彼に関わるストーリーはもちろん気になるところだが、日本ではその美形の容姿から “アメリカ版松潤”と紹介されることもあるエズラが、「もし、みんなが僕と同じくらい興奮しているのなら、仲間がいてうれしいよ」と語る“ガチ”のファンぶりには思わず心を鷲づかみにされてしまう。


「ファンタビのエズラ・ミラー好き」「エズラくんも最高」「エズラ・ミラーお芝居も魅せられます」などとSNSでも盛り上がりを見せており、アメリカ魔法省の長官グレイブス役のコリン・ファレルとの謎の2ショットにも、悶絶するファンが続出中だ。

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top