エディ・レッドメイン“魔法動物学者”の活躍描く『ファンタビ』2週連続で放送!

ハリー・ポッター魔法ワールド最新作『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』の公開を記念して、日本テレビ系・金曜ロードショーでは、4月に2週連続でシリーズ過去作を本編ノーカットで放送することが決定した。

最新ニュース スクープ

ハリー・ポッター魔法ワールド最新作『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』の公開を記念して、日本テレビ系・金曜ロードショーでは、4月に2週連続でシリーズ過去作を本編ノーカットで放送することが決定した。

同シリーズは、「ハリー・ポッター」シリーズの原作者J.K.ローリングが自ら脚本を担当し、『ハリー・ポッターと賢者の石』の約70年前を舞台に、エディ・レッドメイン扮する魔法動物学者ニュート・スキャマンダーの活躍を描く、魔法ワールドの新シリーズ。「ハリポタ」の世界観と繋がっており、ダンブルドア校長をはじめ、シリーズに登場するキャラクターたちが、若き日の姿で登場。監督は、『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』から務めるデイビッド・イェーツが担当している。

4月1日に放送されるのは、興行収入73.4億円の大ヒットを記録した第1作『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』。ホグワーツ魔法魔術学校の教材としても使われる「幻の動物とその生息地」の著書、ニュートのトランクから魔法動物が逃げ出したことをきっかけに巻き起こる、大混乱が描かれる。

そして4月8日には、興行収入65.7億円を記録した第2作『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』が放送。ホグワーツ時代の恩師であるアルバス・ダンブルドア(ジュード・ロウ)の指示により、脱走した闇の魔法使いグリンデルバルド(ジョニー・デップ)を追跡するニュート。しかし、事態は魔法界、そして人間界をもおびやかしかねない状況に発展していく…というストーリー。

同日には、続く最新作が公開。最強の魔法使いと謳われるダンブルドア先生の隠された秘密が解き明かされる。

金曜ロードショー『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』は4月1日(金)21時~、『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』は4月8日(金)21時~日本テレビ系にて放送。

『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』は4月8日(金)より全国にて公開。

《cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top