【特別映像】メリル・ストリープ「奥が深い物語」…“音痴の歌姫”の魅力を語る

映画

『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』(C)2016 Pathe Productions Limited. All Rights Reserved
  • 『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』(C)2016 Pathe Productions Limited. All Rights Reserved
  • 『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』(C)2016 Pathe Productions Limited. All Rights Reserved
  • 『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』(C)2016 Pathe Productions Limited. All Rights Reserved
  • 『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』 (C)2016 Pathe Productions Limited. All Rights Reserved
  • 『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』 (C)2016 Pathe Productions Limited. All Rights Reserved
  • 『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』(C)2016 Pathe Productions Limited. All Rights Reserved
  • 『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』(C)2016 Pathe Productions Limited. All Rights Reserved
  • 『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』 (C)2016 Pathe Productions Limited. All Rights Reserved
メリル・ストリープ×ヒュー・グラントの豪華共演で、実在した“音痴の歌姫”を映画化した『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』。このほど、早くも絶賛を受けている主演のメリル、“夫”役のヒュー、ピアニストを演じたサイモン・ヘルバーグ、メガホンを取ったスティーヴン・フリアーズ監督らが本作の魅力について語る特別映像が、シネマカフェに到着した。

時は1944年、太平洋戦争終戦間際。芸術にかける資金が不足していたニューヨークでは、音楽好き、でも歌に至っては破滅的に音痴な大富豪のフローレンス・フォスター・ジェンキンスが、アマチュア演奏会を催し、率先して音楽の世界を盛り上げていた。音痴であるものの、ソプラノ歌手になる夢に向かって突き進むフローレンスと、彼女が夢を見続けられるようにあらゆる手段で周りに気を配り、献身的にフローレンスを支える夫のシンクレア。そんな2人に巻き込まれるのは、お人よしすぎるピアノ伴奏者のコズメ・マクムーン。

彼ら3人の絶妙なやりとりが面白おかしく描かれ、自分の好きなことに全力で向き合うピュアで一途なフローレンスの姿と、シンクレアとの“夫婦”愛に心打たれると話題の本作。

今回の映像では、音痴の歌姫フローレンスを演じたメリルが「“最低の歌姫の話”以上に奥が深い物語よ」と語り、フローレンスの“夫”で彼女を守ろうと奔走するシンクレアを演じたヒューも「人生を称える映画なんだ」と明かすなど、本作の魅力について大いに語っている。

音痴であることを自覚せず、歌を披露するフローレンスについて、コズメを演じたサイモンは「人々は自分の美声を最高に楽しんでいると彼女は勘違いしているんだ」と説明。一方で、メリルは「彼女は大真面目だから面白いの」と言い、「どんどん話が大きくなって、面白さが増していく」と、彼女が真剣に夢に突き進むがゆえに、思わぬ状況へと展開していく本作の面白さに言及する。

また、本作の魅力について、シンクレアを演じたヒューは「本作は感動的で、しかも笑える。最高のコンビネーションだ」、フリアーズ監督は「非常識なのに心が揺さぶられる」、脚本のニコラス・マーティンもまた「誰にも作れない物語だ」とそれぞれ語っており、本作の出来栄えに満足している様子が伺える。

撮影時、メリルのあまりの “音痴”な熱演に、思わず吹き出すフリアーズ監督と共演者の姿も映し出されており、こうしたハートフルなコメディも、シリアスな演技もこなすメリルの実力が改めて垣間見られる映像となっている。


『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』はTOHOシネマズ 日劇ほか全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top