トム・ハーディ、レオナルド・ディカプリオとの賭けに負けてタトゥーを入れることに

トム・ハーディが、レオナルド・ディカプリオとの賭けに負けてタトゥーを入れなければならなくなったと明かした。

最新ニュース ゴシップ
レオナルド・ディカプリオ&トム・ハーディ-(C)Getty Images
  • レオナルド・ディカプリオ&トム・ハーディ-(C)Getty Images
  • トム・ハーディ-(C)Getty Images
  • トム・ハーディ-(C)Getty Images
  • レオナルド・ディカプリオ - (C) Getty Images
  • レオナルド・ディカプリオ - (C) Getty Images
トム・ハーディが、レオナルド・ディカプリオとの賭けに負けてタトゥーを入れなければならなくなったと明かした。

今年2月、レオナルドがアカデミー賞主演男優賞を受賞した『レヴェナント:蘇りし者』で2人は共演していて、トムも助演男優賞候補になっていた。だが、ノミネーション発表前にレオナルドがトムもノミネートされるだろうと予想すると、トムはそれを信じず、候補にならないことに賭けたという。「Esquire UK」のインタビューでトムが語ったもので、敗者は勝者指定の内容のタトゥーを入れると決めていたそうだ。

晴れて2人ともオスカー候補となり、レオナルドが付箋に書いて寄こした文言は「レオはすべてを知っている」というもの。トム曰く「めちゃくちゃな字で書きなぐった」そうで、「俺は『OK、入れるよ。でも、きちんと書いてくれなくちゃね』って感じだった」。

レオナルドの手書きはかなり汚い文字でだったらしく、トムはまだタトゥーを入れていない。「だって、ひどいんだから」と話している。
《text:Yuki Tominaga》

特集

関連記事

特集

page top