アンジェリーナ・ジョリー&ブラッド・ピット、親権争いに新たな動き

アンジェリーナ・ジョリーとブラッド・ピットが6人の子どもたちの親権について新たな一時的な合意に至ったようだ。

最新ニュース
ブラッド・ピット&アンジェリーナ・ジョリー
  • ブラッド・ピット&アンジェリーナ・ジョリー
  • アンジェリーナ・ジョリー&ブラッド・ピット -(C) Getty Images
  • ブラッド・ピット&アンジェリーナ・ジョリー-(C)Getty Images
  • ブラッド・ピット&アンジェリーナ・ジョリー-(C)Getty Images
  • ブラッド・ピット&アンジェリーナ・ジョリー-(C)Getty Images
  • アンジェリーナ・ジョリー&ブラッド・ピット -(C) Getty Images
アンジェリーナ・ジョリーとブラッド・ピットが6人の子どもたちの親権について新たな一時的な合意に至ったようだ。

今年9月に破局以降、親権争いを繰り広げている2人だが、裁判所の書類によると今回、裁判官はアンジェリーナに子どもたちの単独親権を与えると言い渡したという。

「エンターテイメント・トゥナイト」が入手した法的書類には、以前10月2日に合意に至ったときと同じくブラッドはセラピー治療として子どもたちと面会を続けることになるが、今回の決定ではこれからの面会は子どもたちがブラッドに会いたい場合、実行の有無については子どもたちも会いたがっているかがどうかを踏まえて家族のセラピストが判断を下すことになるという。

さらに以前は自主的にブラッドが行っていた薬物とアルコールのテストが今後は不定期に受けることが義務付けられ、カウンセラーとの個人的、またグループで行われるセラピーセッションに参加することを裁判官はブラッドに命じたという。

もうすぐクリスマスがやってくるものの、ブラッドが子どもたちに会えるかどうかは子どもたちの意思にかかっているため、ブラッドは1人でクリスマスを過ごす可能性もあるようだ。

ブラッドは今年9月、長男マドックス君に対して攻撃的な態度をとったとされて以降、セラピストの同行なしでは子どもたちに会うことができない状態が続いていたため、今回の決定は間違いなくブラッドにとってショックなものとなっただろう。

警察やFBIによって数週間に渡る調査が行われた結果、ブラッドにかけられていた子どもたちへの虐待容疑は晴れているものの、アンジェリーナはまだブラッドに対して不信感を抱いているという。

(C) BANG Media International
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top