“明辺”沢村一樹、命がけで最後の依頼に挑む!「レンタル救世主」最終回

沢村一樹が主演、「ジャニーズWEST」藤井流星、志田未来、中村アン、勝地涼らと“期間限定”で依頼者の「救世主」となり活躍するドラマ「レンタル救世主」の最終回が12月11日(日)今夜放送される。

最新ニュース
「レンタル救世主」クランクアップの様子
  • 「レンタル救世主」クランクアップの様子
  • 「レンタル救世主」クランクアップの様子
  • 「レンタル救世主」クランクアップの様子
  • 「レンタル救世主」クランクアップの様子
  • 「レンタル救世主」クランクアップの様子
沢村一樹が主演、「ジャニーズWEST」藤井流星、志田未来、中村アン、勝地涼らと“期間限定”で依頼者の「救世主」となり活躍するドラマ「レンタル救世主」の最終回が12月11日(日)今夜放送される。

レンタル救世主とは期間限定で依頼者の“救世主”となり、どんな危険にも命がけで立ち向かうという仕事。物語は沢村さん演じる主人公の明辺悠五が、莫大な借金を背負い会社もクビになったことを家族に隠したまま「レンタル救世主」に再就職したことからスタート。

「ジャニーズWEST」藤井流星演じる葵伝二郎や、中村アン演じる秘書・秦野いろは、勝地涼演じるメカニック担当の紀伊ロイ、そして明辺たちに助けられた縁で救世主となった志田未来演じる百地零子らと共に依頼者の悩みを解決してきた「レンタル救世主」だったが、小出恵介演じる零子の兄・千太郎と大杉漣演じる「レンタル救世主」社長の黒宇寛太が裏で組んでいたことが発覚、存亡の危機に。さらに明辺自身も離婚の危機に加えガンが発覚。人生最大の危機を迎える。

今夜放送の最終回では、余命3か月を宣告をされた明辺に3億の保険金がかけられていることがわかる。ただし保険金がおりるのは明辺がレンタル救世主の業務中に死んだ場合だけ。明辺は妻の紫乃(稲森いずみ)に3億円を残すためレンタル救世主の仕事を再開しようと決意する。しかしレンタル救世主の代替アプリ「ヘルプール」が普及してレンタル救世主への依頼は皆無になっていた。

一方、市長選に立候補した千太郎だが、犯罪グループ“プチテロリスト”から暗殺予告が突き付けられ、100人態勢の警備が付けられることに。明辺は黒宇から千太郎の警備に加わってほしいと頼まれ、命を落とす覚悟で千太郎の警備を引き受ける。明辺の最後の覚悟に気付いた葵、零子、ロイ、いろはたちはレンタル救世主のオフィスに集合する…というストーリーが展開する。

先日クランクアップした本作。3か月に及ぶ収録を終えた沢村さんは「個人的には今回の作品、色々やらされましたね(笑)」と撮影をふり返り、「それでも楽しく演じることができたのは、支えてくれるスタッフさんの陰ながらの支えと努力あってこそのものだと感じております。クランクイン当初から既にチームワークが良かったですし、作品を作るうえで、なくてはならない一体感があったからだと思います」とスタッフへ感謝のコメントを寄せた。

同日に別現場でクランクアップを迎えた志田さんは「ラップに苦しめられた3か月でした。今解放された気持ちになりホッとしています」と番組名物となった“ラップ”についてコメント。一方で「ただやはりそれほどに濃い月日でしたので寂しい思いもやはりあります」と作品との別れを惜しんでいた。

「レンタル救世主」最終回は12月11日(日)今夜22時30分~日本テレビ系で放送。
《笠緒》

関連ニュース

特集

page top