マイケル・ジャクソンの娘、マコーレー・カルキンにペディキュア

最新ニュース

パリス・ジャクソンのInstagramより
  • パリス・ジャクソンのInstagramより
  • マイケル・ジャクソンの娘パリス・ジャクソン-(C)Getty Images
  • パリス・ジャクソン -(C) Getty Images
  • マコーレー・カルキン-(C) Getty Images
  • マコーレー・カルキン -(C) Getty Images
故マイケル・ジャクソンの親友で「ネバーランド」にもたびたび訪れていたマコーレー・カルキンが、パリス・ジャクソンとオシャレなひとときを過ごしたようだ。

パリスが“ゴッドファーザー”(名付け親、後見人の意)であるマコーレーに赤いペディキュアを塗っている画像をインスタグラムで公開し、「モデル? 違うわ。私はヒップスターの足の爪にマニキュアを塗って生計を立ててるのよ」とコメントを載せた。今年3月、女優やモデルとして活動するためにレオナルド・ディカプリオのマネージャーと話合いを持ったと報道されていたパリス。コメントは「自分はモデルではない」との主張か…。マコーレーは以前から手の爪のネイルアートを楽しんでいたが、今回は足の爪まで! 親友の娘の膝に足を乗せ、ペディキュアを塗ってもらっている姿がとてもうれしそう。

2009年にマイケルが亡くなってからも、パリスとマコーレーの交流は続いているようで、パリスは10月にもインスタグラムにマコーレーとのツーショットを投稿。「最高のゴッドファーザーが自画像を描いてくれたときをふり返って」とキャプションを付け、プラチナブロンドでベリーショートのパンキッシュなヘアスタイルだった頃、マコーレーに描いてもらったという自画像を真ん中に、おどけた表情のマコーレーとともに写っている。
《Hiromi Kaku》

関連ニュース

特集

page top