世紀末ウィーンの世界観が香る新フレグランスブランド「WienerBlut」が日本初上陸

オーストリアのウィーン発ユニセックスフレグランスブランド「WienerBlut(ウィーナーブルート)」が、今冬、日本初上陸を果たした。

最新ニュース スクープ
オーストリアのウィーン発ユニセックスフレグランスブランド「WienerBlut(ウィーナーブルート)」が日本上陸
  • オーストリアのウィーン発ユニセックスフレグランスブランド「WienerBlut(ウィーナーブルート)」が日本上陸
オーストリアのウィーン発ユニセックスフレグランスブランド「WienerBlut(ウィーナーブルート)」が、今冬、日本初上陸を果たした。

「ウィーン気質」というブランド名を持つ「ウィーナーブルート」は、芸術文化が隆盛を極めた19世紀末ウィーンの街と文化のエッセンスを体現するというコンセプトのもと、2009年にアレクサンダー・ローバーによって立ち上げられた。パリのコレットや、ロンドンのリバティやトランク、ウィーンのロブマイヤー本店など、感度の高い高級店で既に取り扱われている注目のブランドだ。

19世紀末のオーストリア=ハンガリー帝国時代のウィーンは、グスタフ・クリムトやエゴン・シーレなどの画家、オットー・ワーグナー、ヨゼフ・マリア・オルブリッヒなどの建築家、ヨハン・シュトラウス2世やマーラーなどの音楽家が一世を風靡し、快楽主義的世界観に満ちた文化や芸術が繁栄したことで知られる。

「ウィーナーブルート」は、当時のレシピを厳選された天然素材で再現した4つのオードパルファムから成る。その香りだけでなく、ボトルデザインに至るまで、19世紀の香水瓶のスタイルを研究し、ニューヨークを拠点に活動するアートディレクターのアレックス・ウィーデリンが手掛けた。

ウィーンの薬局で使われていたボトルなどをモチーフにしたという、レトロシックなムードをまとったアイコニックなデザインのボトルが、ひと嗅ぎすれば、瞬時に19世紀末のウィーンへタイムスリップしてしまうかのような印象深くて個性的なフレグランスにしっくりとフィット。

アイテムは、現在では作られていない世紀末の香りにインスパイアされた「ノール デュ ノール」、オーストリア帝国の祝祭日であった聖体祭へのオマージュ「エクス ヴォート」、フランツ・フェルディナント大公が19世紀末にインドのハイデラバードに旅したことに着想を得た「パレ ニザーム」、19世紀末に高貴なものとしてもてはやされたマンダリンオレンジの人気の香りをイメージした「へスペリア」の4つ。

価格は、税込28,080円。外苑前のセレクトショップ「doinel(ドワネル)」にて先行発売中。正式発売は、2017年2月を予定。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top