サバンナ高橋、 『きょうのキラ君』“オカメ先生”に!原作者も「そのものすぎる」と大絶賛

累計230万部突破の大ヒットを記録した少女漫画を実写映画化する『きょうのキラ君』。

映画
高橋茂雄(サバンナ) 『きょうのキラ君』(C)2017「きょうのキラ君」製作委員会
  • 高橋茂雄(サバンナ) 『きょうのキラ君』(C)2017「きょうのキラ君」製作委員会
  • 『きょうのキラ君』(C)2017「きょうのキラ君」製作委員会
  • 『きょうのキラ君』(C)2017「きょうのキラ君」製作委員会
  • 飯豊まりえ/『きょうのキラ君』(C)2017「きょうのキラ君」製作委員会
  • 飯豊まりえ/『きょうのキラ君』(C)2017「きょうのキラ君」製作委員会
  • 飯豊まりえ/『きょうのキラ君』(C)2017「きょうのキラ君」製作委員会
累計230万部突破の大ヒットを記録した少女漫画を実写映画化する『きょうのキラ君』。この度、原作でも人気のオカメインコの“オカメ先生”の声を「サバンナ」の高橋茂雄が担当することが決定した。

誰もが憧れるクラスの人気者“キラ”(中川大志)に恋をした“ニノ”(飯豊まりえ)。他人と関わることが苦手なニノだったが、キラの秘密を知ったことから2人は急接近。初めての気持ちにとまどいながら、ある重大な“秘密”を抱えたキラを笑顔にしようと奮闘するニノの初めての恋の行方は――? 同級生の矢部(葉山奨之)、キラの幼なじみの澪(平祐奈)も加わって、かけがえのない“365日”が始まった…。

原作は、ドラマ・映画化にもなった「近キョリ恋愛」の原作者でも知られるみきもと凜の同名コミック。キャストには、キラ君を中川大志、ヒロイン・ニノを飯豊まりえが演じるほか、葉山奨之、平祐奈らいま注目のフレッシュなメンバーが集結している。

そして今回、ついにあの人気キャラクター、ニノが飼っているペットでオカメインコの“オカメ先生”の声を高橋さんが担当していることが明らかに! 内気で人と会話するのが苦手なニノの唯一の話し相手であり、ニノの友達的存在の先生。高橋さんは元々原作の大ファンだそうで、自身のtwitterで「きょうのキラ君、泣ける」とつぶやいたところ、原作者のみきもと氏がお礼の返信を返し、交流がスタート。そして、「もし、キラ君が映画化されたら」という話題では、みきもと氏から「オカメ先生の声をぜひお願いします!」というメッセージが。今回のコラボは、まさに2人の念願が叶った夢のコラボレーションだそう。

みきもと氏は「こちらから踏み込んだお願いをすることはなかなかないし、無理に決まってると思っていたので本当に嬉しくて、はやく自慢したかったので、こうしてみなさんにお伝えできて感無量です」と今回の決定に歓喜。また「高橋さん、まさに先生そのものすぎるんです。とっても可愛い声です。これ以上のキャストはありません」と大絶賛のコメントを寄せている。

これまでNHK Eテレの教育番組「みいつけた!」の人気キャラ・コッシーや、映画『ズートピア』でチーターのクロウハウザー役など、アニメの吹き替え経験の経験はあるものの、実写映画吹き替えは初。今回のアフレコは、「イメージどおりのやつができた」「自信しかない」と本人も大満足の様子で語っている。

『きょうのキラ君』は2017年2月25日(土)より全国にて公開。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top