中川大志、サンタ姿で登場 子ども時代の“クリスマス号泣”事件も告白

累計230万部を突破する、みきもと凜の人気コミックを映画化した『きょうのキラ君』(川村泰祐監督)のX’masスペシャルトークショーが…

最新ニュース
累計230万部を突破する、みきもと凜の人気コミックを映画化した『きょうのキラ君』(川村泰祐監督)のX’masスペシャルトークショーが12月23日(金・祝)、都内で行われ、共演する中川大志と飯豊まりえがクリスマスにちなんだ衣装で登場した。

中川さんは赤いサンタ帽に、赤のパンツ、そして上半身はホワイトのタートルネックにロングコートという、まさにクリスマスを思わせる紅白コーディネイト。飯豊さんは雪をイメージしたような全身真っ白なファッションで、駆けつけたファン約100人の歓声を浴びていた。

クリスマスの思い出に話題が及ぶと、中川さんは「4~5歳の頃、『ハリー・ポッター』にすっごくハマっていて、空を飛べるホウキが欲しかったんです。でも、早起きした朝にプレゼントの箱を開けたら、絵の具セットで…。ワンワン泣いてしまったんですが、結果、中学くらいまで使って、絵を描くことも好きになりました」とかわいらしい“号泣”エピソードを披露した。

一方、飯豊さんは「小5のとき、クリスマスのプレゼントが現金で(笑)。夢が壊れて、泣き腫らしました」とこちらも聖夜に大泣きした経験があるのだとか。もし自分が大切な人に、プレゼントを贈るなら「マフラー」だといい、「手編みだと、ちょっと重いって思われてしまいそうなので、おしゃれなものを探したい。欲しいプレゼントですか? 相手が何を選ぶか考えてくれていれば、それだけで十分です」と笑顔で話していた。

他人と関わることが苦手なニノ(飯豊さん)は、恋してしまったクラスの人気者キラ(中川さん)の秘密を知ったことをきっかけに急接近。重大な秘密を抱えるキラを笑顔にしようと、ニノは同級生の矢部、キラの幼馴染み澪らとともに奮闘する。

『きょうのキラ君』は2017年2月25日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

特集

page top