宮野真守&入野自由らイケボに“耳福”!素顔もイケメンな美男子声優たち~2016

この夏、新海誠監督最新作『君の名は。』が世界中で大ヒット! そのほかディズニー映画『ズートピア』や『ペット』、邦画に目を向ければ『聲の形』『この世界の片隅に』など様々なアニメーション映画が興行収入ランキングを大いに賑わせた2016年

最新ニュース

入野自由&宮野真守&島崎信長
  • 入野自由&宮野真守&島崎信長
  • 宮野真守
  • 梶裕貴
  • 杉田智和
  • 浪川大輔
  • 中村悠一
  • 森久保祥太郎
  • 森川智之
この夏、新海誠監督最新作『君の名は。』が世界中で大ヒット! そのほかディズニー映画『ズートピア』や『ペット』、邦画に目を向ければ『聲の形』『この世界の片隅に』など様々なアニメーション映画が興行収入ランキングを大いに賑わせた2016年。多彩な作品をより魅力的にしたのは、名演技を披露した役者たちだろう。

テレビアニメに映画はもちろん、舞台、ナレーション、モデル、アーティスト、実写ドラマ&映画出演と…ますます活躍の幅を広げ、知名度と人気度を上げている声のプロ・声優――。彼らの2016年の活動をふり返りながら、“声良し!顔良し!演技良し!”と三拍子そろったイケメン声優たちをご紹介する、年末企画第3弾!

■実力派声優の名演が光る! 声優人気が映画選びのポイントにも?

これまでは洋画大作の吹き替えには俳優・女優が“声優”として出演することがしばしばだったが、近年では“声優”を本業とした面々が名を連ね、圧巻の演技を披露。また、彼らのキャスティングが集客の一因となることも。

声優人気を牽引し続ける宮野真守は、今年もエンターテインメント業界で大活躍! 「亜人」「うたの☆プリンスさまっ♪」シリーズなどTVアニメ出演はもちろん、アーティストとして2枚同時シングルリリースやツアーを敢行。映画業界では何と言っても、「ハリー・ポッター」シリーズの原作者J・K・ローリングが脚本を手掛け大ヒット公開中の『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』で、主演のエディ・レッドメインの吹き替えを担当したことが大きなニュースだろう。全5部作の大作となる予定なので、今後の宮野さん熱演をぜひ劇場音響で堪能して。また本作には、大人イケメン・津田健次郎が、成熟した男性の色気たっぷりにコリン・ファレルの声を吹き替えていることも注目だ。

また宮野さんは、映画『ミニオンズ』のスタッフが贈る夏の大ヒット作『ペット』にも出演。本作では「進撃の巨人」エレン役などで知られる梶裕貴が、モルモットのノーマン役で出演。可愛らしい小動物を見事に表現している…かと思えば、LGBT解放運動のきっかけとなった“反乱”を描く『ストーンウォール』では、ゲイであることから故郷を追われ、世間からも警察からも虐げられる主人公を見事に演じきった。意外にも実写の劇場映画で吹き替え主演を務めるは、本作が初めてだ。

主役声優が大きく取り上げられると共に、今年は、人気声優たちの“豪華ラインナップ”が話題になったことが特徴だったのでは? グリム童話の名作「白雪姫」に大胆なアレンジを加えて大ヒットしたアクション・アドベンチャー大作の続編『スノーホワイト/氷の王国』では、水樹奈々、朴ロ美、田中敦子ら女性陣に加え、クリス・ヘムズワース役を杉田智和が男気たっぷりに演じ、浪川大輔や大塚明夫も共演。吹き替え版予告編がテレビCMで放映されるなど、吹き替え版にも大きな関心が寄せられた。また台湾映画『私の少女時代-OUR TIMES-』では、杉田さんが校内一のワルを、浪川さんが憧れの王子様という、乙女がトキメク二大キャラクターをそれぞれ担当。また浪川さんは、大ヒットシリーズの最終章『バイオハザード:ザ・ファイナル』にも初登場のキャラクラーで出演。本作には立木文彦、石田彰らも名を連ねる。

同様に話題になったのが、「Kis-My-Ft2」玉森裕太が主人公の声を担当した冒険スペクタクル『キング・オブ・エジプト』。本作の神々役には中村悠一、小山力也、沢城みゆき、中井和哉、菅生隆之らまさに神メンバーがズラリ。中でも中村さんは、男らしいドS発言から甘い言葉まで、その魅力的なボイスで見事なツンデレっぷりを演じた。

映画に限らず、動画配信サービスなどで見られる海外ドラマでの活躍も見逃せない。大人気ドラマ「フルハウス」のその後を描いた「フラーハウス」では、堀内賢雄、大塚芳忠、山寺宏一らお馴染みの声優陣が全て続投! ファンにはたまらない布陣が実現した。ディズニー映画『ズートピア』でキツネの詐欺師・ニックを演じた森川智之は、大人気シリーズ「NCIS: LA ~極秘潜入捜査班~」に出演。こちらも人気シリーズの犯罪捜査サスペンス「クリミナル・マインド」で人気者Dr.スペンサー・リード役を演じる森久保祥太郎は、同役を演じるマシュー・グレイ・ギュブラーが来日した際に対面を果たし話題を呼んだ。

■テレビドラマに美術館まで…活躍のフィールドは無限大!

今年は例年にも増して、様々なフィールドで活躍する声優たちを追いかけたように感じる。

これまでも声の仕事だけではなく、“役者”として表舞台で活躍する声優はいたが、今年は地上波テレビに多数出演。社会現象を巻き起こしたテレビアニメ「おそ松さん」松野トド松役をはじめ、夏の大ヒット作『聲の形』出演の入野自由は、ヒロイン・桐谷美玲、山崎賢人、三浦翔平、野村周平ら共演の夏月9ドラマ「好きな人がいること」に登場。1シーンのみの登場ではあったが、ネット上は大歓喜の声が上がった。来年からは海外留学を予定しており、さらにパワーアップした入野さんに早く会いたいものだ。また朝ドラ「とと姉ちゃん」には、「ONE PIECE」サンジ役で知られる声優・平田広明と「名探偵コナン」阿笠博士役の緒方賢一が出演。さらに「名探偵コナン」の小嶋元太&高木刑事役ほかで人気の高木渉は、NHK大河ドラマ「真田丸」に武将・小山田茂誠役として出演した。

“ベストカラアゲニスト”という異色の肩書きを持つ下野紘は、ネット配信&DVDのみながらもドラマ「プロデューサーK」にて初俳優に挑戦。さらに下野さんは、声優デビュー15周年を記念にアーティスト活動を始動。既にシングル2枚をリリースしており、プロモーションの一貫で様々なラジオや雑誌、テレビ番組に出演した。アーティスト活動ジャンルでは、劇場版『暗殺教室 365日の時間』殺せんせー役で知られる福山潤が、来年1stシングル「KEEP GOING ON!」のリリースを発表。今後の更なる活躍に大きな期待が寄せられる。

舞台は変わり、“芸術”の世界へ。世界的な画家フィンセント・ファン・ゴッホとポール・ゴーギャンに焦点を当てた日本初となる展覧会「ゴッホとゴーギャン展」では、『GANTZ:O』加藤勝役などで活躍したイケメン声優筆頭・小野大輔と、杉田さんが音声ガイドナレーターを担当。ルーヴル美術館特別展「ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~」の音声ガイドには、「斉木楠雄のΨ難」「舟を編む」「夏目友人帳 伍」…と出演作目白押しだった神谷浩史が起用され、本プロモーションで、モデルで女優の菜々緒とともに朝の情報番組「めざましテレビ」にも出演した。また神谷さんは、今年「クレヨンしんちゃん」ぶりぶりざえもんの2代目を襲名したことも記憶に新しいトピックスだ。

■作品とともに大きく飛躍! 追いつき追い越せの若手声優たち

ベテラン・中堅が盤石の人気を誇る男性声優界。だか昨今は、頼もしいイケメン若手声優の活躍が目に眩しい! 

今年の…いや、今後の日本映画界に燦然たる記録を刻んだ新海誠監督最新作『君の名は。』。神木隆之介と上白石萌音ら俳優陣に加え、アニメ作品で活躍する若手筆頭・島崎信長と石川界人もキャスティング。普段、テレビアニメを見ない層や声優に注目したことがない人たちの多くが、本作を通じて彼らの名前を知ったことだろう。神木さんと上白石さんの名演がリアリティ溢れる作風にマッチしていたことは言うまでもないが、本作にちょうどいい加減で“アニメらしい表現”を与えつつも、ナチュラルな演技で見せた2人の未来に、期待せずにはいられない。一部のファンからは小池徹平にも似ていると言われているほどの甘いマスクの島崎さんと、精悍な雰囲気を讃えた石川さんのビジュアル面も要チェックだ。

ちなみに石川さんは今年、「双星の陰陽師」「僕のヒーローアカデミア」「初恋モンスター」などなど、若手の中でもより多くの出演本数。同じく松岡禎丞も「DAYS」「モブサイコ100」「食戟のソーマ」と大活躍だ。トレードマークのメガネの奥に光る優しい瞳と笑顔が人気の花江夏樹も、多数の作品でメインキャスト務め上げ、4月からは小野友樹と共に「おはスタ」MCに就任。昨年から着実に人気・実力を上げているようだ。そのほか20代若手たちが、アニメで主演を務める姿が目立った。「ReLIFE」主演の小野賢章は、俳優として舞台でも活躍。来年には出世作「黒子のバスケ」完全新作劇場版公開が控えている。

まだ10代とは思えない、大人びた表情とオーラを放つ武内駿輔も、ぜひ押さえておきたい。「アイドルマスター シンデレラガールズ」プロデューサー役で一躍注目を浴びた彼は、映画館の新たな可能性を広げた“応援上映”の火付け役『KING OF PRISM by PrettyRhythm』に大和アレクサンダー役で出演した。また、今年のテレビアニメでは、男子がたくさん登場する作品が多かったが、中でも7月クールの「ツキウタ。 THE ANIMATION」「B-PROJECT~鼓動*アンビシャス~」「美男高校地球防衛部LOVE!LOVE!」の3作品に同タイミングで出演したのが、増田俊樹。大勢のキャラクターの中でも埋もれない独特の個性と感性が、来年も光ることだろう。そして、実力派声優がしのぎを削り、ここから売れていく声優も数多くいるガンダムシリーズ「機動戦士ガンダムUC RE:0096」で主演を務め、乙女の心を狂喜乱舞させた「ユーリ!!! on ICE」でも好演を見せた内山昂輝。一見物静かな彼からほとばしる熱い演技で、2017年は秋に実写化も決定している「覆面系ノイズ」のテレビアニメ版へ出演する。

2017年以降の活躍が期待されるネクストブレイク声優にも触れておきたい。「チア男子!!」「刀剣乱舞-花丸-」に出演した山谷祥生。2013年にデビューし、2014年に「一週間フレンズ。」の長谷祐樹役で初主役。本作で共演した雨宮天とともに、来年2月に公開される川口春奈と山崎賢人のW主演で実写化される映画『一週間フレンズ。』に“声”での出演が決定。これをきっかけに、様々な場所で彼の活躍を拝める日を楽しみに待ちたい。

2017年のエンターテインメントに胸ときめかせながら、イケメン声優たちの声、演技、そして新たな表現のカタチを心待ちにしよう。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top