及川光博&六角精児が「相棒」に帰ってくる! 『劇場版IV』への布石も!?

恒例の元日スペシャルで視聴率17.3%を獲得し好調な2017年のスタートを切った大人気ドラマ「相棒season15」。この度、1年前のエピソードを2週連続の前後編で描く第13&14話に、及川光博と六角精児が登場することが分かった。

最新ニュース スクープ
水谷豊&及川光博「相棒season15」
  • 水谷豊&及川光博「相棒season15」
  • 六角精児&水谷豊&反町隆史「相棒season15」
恒例の元日スペシャルで視聴率17.3%を獲得し好調な2017年のスタートを切った大人気ドラマ「相棒season15」。この度、1年前のエピソードを2週連続の前後編で描く第13&14話に、及川光博と六角精児が登場することが分かった。

及川さんが演じていたのは、水谷豊演じる杉下右京の“2代目相棒”・神戸尊。神戸は、2012年3月の「相棒season10」放送終了と同時にドラマシリーズを卒業。以来5年ぶりにドラマシリーズに登場する彼は、警察庁長官官房付でありながら、大河内春樹首席監察官(神保悟志)からの個人的な依頼である人物を調査する中、特命係が捜査する立てこもり事件と関与を持つことになる。

一方、六角さん演じる鑑識の米沢守は、相棒シリーズ初期から昨年3月に放送された「相棒season14」の最終話まで、シリーズに欠かせない名物キャラとして出演。「相棒season15」では警察学校の教官に就いており、これまで登場シーンはなかったが、1年前のエピソードを扱う今回、我が身の行く末を案じて特命係と距離を置くと決めながらも、つい手を貸してしまう鑑識時代の米沢がお馴染みの衣裳をまとって登場する。

第13&14話の2週連続前後編で描かれるのは、1年前の事件ということで、右京の現相棒・冠城亘(反町隆史)はまだ法務省から出向の身分。神戸とはまだ面識がない一方、米沢とは亘が米沢を騙したという過去から確執を抱えている。そんな4人が、それぞれの立場から人質立てこもり事件に関与することで、ほかの捜査関係者が想像すらしない、事件の背後にある組織的な闇を炙り出していく! さらにそこには、もうすぐ公開となる『相棒-劇場版IV-首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断』で描かれる事件に関わる、警察組織の大物人物の影が…!? 今回の放送は、劇場版をより一層楽しめる内容となっている。

「相棒season15」第13話は2月1日(水)21時~、第14話は2月8日(水)21時~テレビ朝日にて放送。

『相棒-劇場版IV-首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断』は2月11日(土)より全国にて公開。
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top