レディー・ガガ、スーパーボウルの「ハーフタイムショー」が大盛況

レディー・ガガが5日(現地時間)、NFLスーパーボウルの「ハーフタイムショー」に出演し、観客を魅了。大成功を収めた。

最新ニュース
レディー・ガガ/NFLスーパーボウルの「ハーフタイムショー」-(C)Getty Images
  • レディー・ガガ/NFLスーパーボウルの「ハーフタイムショー」-(C)Getty Images
  • レディー・ガガ/NFLスーパーボウルの「ハーフタイムショー」-(C)Getty Images
  • レディー・ガガ/NFLスーパーボウルの「ハーフタイムショー」-(C)Getty Images
  • レディー・ガガ/NFLスーパーボウルの「ハーフタイムショー」-(C)Getty Images
  • レディー・ガガ/NFLスーパーボウルの「ハーフタイムショー」-(C)Getty Images
  • レディー・ガガ/NFLスーパーボウルの「ハーフタイムショー」-(C)Getty Images
  • レディー・ガガ/NFLスーパーボウルの「ハーフタイムショー」-(C)Getty Images
  • レディー・ガガ/NFLスーパーボウルの「ハーフタイムショー」-(C)Getty Images
レディー・ガガが5日(現地時間)、NFLスーパーボウルの「ハーフタイムショー」に出演し、観客を魅了。大成功を収めた。

13分におよぶショーで、まずはNGRスタジアムの天井で米愛国歌「ゴッド・ブレス・アメリカ」を熱唱。メタリックの煌びやかなボディースーツとマッチしたニーハイブーツを身に着けたガガの背景には、数百台のドローンでかたどられたアメリカ国旗が輝いた。「ゴッド・ブレス・アメリカ」を歌い終えるとワイヤーに吊るされ舞台のタワーに着地。その後、空中回転などのアクロバティックな演出を続けながら「Poker Face」を歌い終えると、やっと舞台の上へ。激しいダンスをしながら「Born This Way」、「Telephone」で会場を盛り上げ、ショルダー部分のスタッズがロックなゴールドのジャケットをはおり、「Just Dance」へ。続く「Million Reasons」ではしっとりと、しかしパワフルな弾き語りで圧倒、舞台の下に降りて観客と握手やハグの大サービスも行った。最後は肌の露出が多めの衣装にチェンジし、「Bad Romance」を歌い上げ、盛大な花火と拍手喝采を浴びながら幕を閉じた。

パフォーマンス中は、ガガから政治的な発言があるかに注目が集まっていたが、アメリカの公式行事で暗誦される「忠誠の誓い」の一部「神の下、すべての人に自由と正義が与えられる一つの国家」を冒頭の愛国家の後で暗誦するにとどまった。
《Hiromi Kaku》

関連ニュース

特集

page top